Top>Japanese>業績一覧>学会発表一覧

学会発表一覧 (List of Presentations)

1988年 1989年
1990年 1991年 1992年 1993年 1994年 1995年 1996年 1997年 1998年 1999年
2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
  1. 'Ca 蒸気還元法による TiAl の製造',
    鈴木 亮輔、岡部 徹、小川 正人、大石 敏雄、小野 勝敏:
    日本金属学会・春期大会 [東京] (1988.4).
  2. 'CaH2 による Ti3Al 粉末の還元合成',
    岡部 徹、池澤 正志、鈴木 亮輔、小野 勝敏:
    日本金属学会・春期大会 [横浜] (1989.4).
  3. 'Electron Beam Melting of Titanium and Quality Evaluation by Secondary Ion Mass Spectrometry',
    K. Ono, T. H. Okabe, N. Maeda, and Y. Ueda :
    Proceedings of the Conference on Electron Beam Melting and Refining [Reno] (1989.11).
  4. 'カルシウム共還元法による Al3Ti の合成',
    池澤 正志、岡部 徹、植木 達彦、大石 敏雄、鈴木 亮輔、小野 勝敏:
    日本金属学会・春期大会 [東京] (1990.4).
  5. 'ハライド系フラックスを用いたチタンのカルシウム脱酸',
    大石 敏雄、岡部 徹、鈴木 亮輔、小野 勝敏:
    第3回素材開発交流会 [名古屋] (1990.8.24).
  6. '清浄鋼の電ビーム溶解フラックスフィルム精錬',
    清水 健一、岡部 徹、小野 勝敏:
    日本鉄鋼協会・春期大会 [東京] (1990.4).
  7. 'ハライド系フラックスを用いたチタンのカルシウム脱酸',
    岡部 徹、池澤 正志、鈴木 亮輔、大石 敏雄、小野 勝敏:
    日本鉄鋼協会・春期大会 [東京] (1990.4).
  8. 'カルシウム-ハライドフラックス脱酸法による極低酸素チタンの製造',
    岡部 徹、植木 達彦、鈴木 亮輔、大石 敏雄、小野 勝敏:
    日本鉄鋼協会・秋期大会 [仙台] (1990.10).
  9. 'Preparation of Extra Low Oxygen Titanium by the Calcium-Halide Flux Deoxidation Process',
    T. H. Okabe, R. O. Suzuki, T. Oishi, and K. Ono:
    International Conference on Titanium Products and Applications (Titanium Development Association) [Florida] (1990.10.2).
  10. 'Nb-Al-Ca系の1273 Kにおける相平衡',
    藤原 邦彦、岡部 徹、大石 敏雄、小野 勝敏:
    日本金属学会・春期大会 [東京] (1991.4).
  11. 'チタンの脱酸精製とその評価',
    岡部 徹、植木 達彦、前野 充男、大石 敏雄、小野 勝敏:
    日本金属学会・春期大会 [東京] (1991.4).
  12. 'チタンおよびTiAlの脱酸に関する基礎的研究',
    岡部 徹、大石 敏雄、小野 勝敏:
    第4回素材開発交流会 [仙台] (1991.8).
  13. 'SIMSによるチタン中の酸素の定量分析に関する研究',
    竹下 博之、岡部 徹、羽村 守、大石 敏雄、小野 勝敏:
    日本金属学会・秋期大会 [広島] (1991.10).
  14. '電気化学的方法によるチタンの脱酸に関する基礎的研究',
    中村 正信、植木 達彦、岡部 徹、大石 敏雄、小野 勝敏:
    日本金属学会・秋期大会 [広島] (1991.10).
  15. 'TiAlの脱酸に関する研究',
    岡部 徹、植木 達彦、藤原 邦彦、大石 敏雄:
    日本金属学会・秋期大会 [広島] (1991.10).
  16. '低酸素TiAl粉末の製造に関する研究',
    藤原 邦彦、岡部 徹、大石 敏雄、小野 勝敏:
    日本金属学会・秋期大会 [広島] (1991.10).
  17. 'カルシウム-ハライドフラックス脱酸法による極低酸素TiおよびTiAlの製造',
    岡部 徹、大石 敏雄、小野 勝敏:
    日本鉄鋼協会・中部支部講演会 [名古屋] (1991.11).
  18. '電気化学的手法によるチタンの脱酸に関する基礎的研究',
    中村 正信、岡部 徹、大石 敏雄、小野 勝敏:
    日本金属学会・春期大会 [千葉] (1992.4).
  19. 'Preparation and Characterization of Extra-Low-Oxygen-Titanium',
    T. H. Okabe, M. Nakamura, T. Ueki, T. Oishi, and K. Ono:
    The 7 th World Conference on Titanium [San Diego] (1992.7.30).
  20. 'Deoxidation of TiAl Intermetallic Compounds',
    T. H. Okabe, K. Fujiwara, T. Oishi, and K. Ono:
    The 7 th World Conference on Titanium [San Diego] (1992.7.30).
    *** 第7回世界チタン会議(TMS主催)学生ポスター賞 (1992) ***
  21. 'Fundamental Study on Deoxidation of Titanium by an Electrochemical Method',
    M. Nakamura, T. H. Okabe, T. Oishi, and K. Ono:
    The 4th Japan-China Bilateral Conference on Molten Salt Chemistry and Technology [Kyoto] (1992.11.11).
  22. '液体Ti-Ni合金を用いたチタンの新しい製錬プロセス',
    出浦 哲史、岡部 徹、大石 敏雄、小野 勝敏:
    第24回 溶融塩討論会・(電気化学協会) [京都] (1992.11.11).
  23. 'Electrochemical Deoxidation of Titanium',
    M. Nakamura, T. H. Okabe, T. Oishi, and K. Ono:
    International Symposium on Molten Salt Chemistry and Technology 1993 (The Electrochemical Society Inc.) [Hawaii] (1993.5.16).
  24. '導電体を介した反応(EMR)制御によるレアメタルの新しい製造プロセス',
    宇田 哲也、岡部 徹、葛西 栄輝、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・秋期大会 [札幌] (1996.9.28).
  25. '金属熱還元反応の新しい視点(~導電体を介した反応(EMR)制御によるチタンの製造~)',
    宇田 哲也、岡部 徹、葛西 栄輝、早稲田 嘉夫:
    資源素材学会・秋季大会 [仙台] (1996.10.21).
  26. '希土類金属の酸素の熱力学的性質ならびに脱酸に関する基礎的研究',
    廣田 晃一、岡部 徹、葛西 栄輝、齋藤 文良、早稲田 嘉夫:
    資源素材学会・春季大会 [千葉] (1997.3.26).
  27. '四塩化チタンのマグネシウム還元反応におけるチタンの析出機構',
    宇田 哲也、岡部 徹、葛西 栄輝、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・春季大会 [東京] (1997.3.27).
  28. '導電体を介した反応(EMR)を用いた新しいチタン製造プロセスの基礎的研究',
    宇田 哲也、岡部 徹、葛西 栄輝、早稲田 嘉夫:
    資源素材学会・春季大会 [千葉] (1997.3.29).
  29. 'Reaction Pathways during Metallothermic Reduction of TiCl4 by Utilizing Chemical Potential Diagrams',
    T. H. Okabe, T. Uda, E. Kasai, and Y. Waseda:
    Symposium on Extraction & Processing of Titanium, 1997 Materials Week, TMS [Indianapolis, U.S.A] (1997.9.16).
  30. 'Mechanism of Magnesiothermic Reduction of TiCl4 by an Electronically Mediated Reaction (EMR)',
    T. H. Okabe, T. Uda, E. Kasai, and Y. Waseda:
    Symposium on Extraction & Processing of Titanium, 1997 Materials Week, TMS [Indianapolis, U.S.A] (1997.9.16).
  31. '希土類金属中の不純物酸素の除去に関する基礎的研究',
    廣田 晃一、岡部 徹、葛西 栄輝、齋藤 文良、早稲田 嘉夫:
    資源素材学会・秋季大会 [札幌] (1997.9.24).
  32. 'TiCl4のマグネシウム還元における反応部位の制御',
    宇田 哲也、岡部 徹、早稲田 嘉夫:
    資源素材学会・秋季大会 [札幌] (1997.9.24).
  33. 'チタン塩化物の金属熱還元における反応機構の考察',
    宇田 哲也、岡部 徹、早稲田 嘉夫:
    資源素材学会・秋季大会 [札幌] (1997.9.24).
  34. 'Study on Leaching Process of Molybdenum Concentrate',
    T. Darjaa, T. H. Okabe, Y. Waseda, and Y. Umetsu:
    資源素材学会・秋季大会 [札幌] (1997.9.24).
  35. 'New Environmentally Friendly Processes for the Production of Refractry Metals by Metallothermic Reduction',
    T. H. Okabe and D. R. Sadoway:
    TMS Annual Meeting [San Antonio, Texas] (1998.2.17).
  36. '導電体を介した反応(EMR)によるニオブおよびタンタルの金属熱還元反応',
    I. Park、宇田 哲也、岡部 徹、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・春期大会 [東京] (1998.3.26).
  37. 'Dy-Mg-Cl系の熱力学的性質',
    宇田 哲也、岡部 徹、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・春期大会 [東京] (1998.3.26).
  38. '四塩化チタンのハライド熱還元によるチタン粉末の製造',
    宇田 哲也、岡部 徹、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・春期大会 [東京] (1998.3.26).
  39. 'Electro-Oxidation of Molybdenum Concentrate in Sodium Chloride Solution',
    T. Darjaa, T. H. Okabe, Y. Waseda, and Y. Umetsu:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (1998.3.31).
  40. '金属熱還元反応の電気化学的考察',
    岡部 徹、朴 日、宇田 哲也、早稲田 嘉夫:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (1998.4.1).
  41. '希土類金属中の固溶酸素の直接除去',
    廣田 晃一、岡部 徹、斎藤 文良、早稲田 嘉夫:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (1998.4.1).
  42. 'レアメタルの金属熱還元反応~電子の移動経路と反応メカニズム~',
    岡部 徹、朴 日、早稲田 嘉夫:
    第137回溶融塩委員会 [大阪] (1998.9.25).
  43. '溶融塩中における窒素イオンの電気化学的性質',
    堀内 章芳、岡部 徹、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・秋期大会 [松山] (1998.9.28).
  44. 'Electro-Oxidation of Molybdenum Concentrate in Sodium Chloride Solution',
    T. Darjaa, T. H. Okabe, Y. Waseda, and Y. Umetsu:
    日本金属学会・秋期大会 [松山] (1998.9.29).
  45. 'LR-EMRによるチタン塩化物のアルミニウム熱還元',
    宇田 哲也、岡部 徹、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・秋期大会 [松山] (1998.9.29).
  46. '3元系複合窒化物の熱力学的性質',
    石山 理、岡部 徹、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・秋期大会 [松山] (1998.9.30).
  47. 'ハライド系溶融塩を用いた希土類金属中の固溶酸素の除去',
    岡部 徹、早稲田 嘉夫、梅津 良昭:
    電気化学秋季大会 [長岡] (1998.10.24).
  48. 'Materials Synthesis by Metalloghermic Reduction',
    T. H. Okabe, H. Zhu, and D. R. Sadoway:
    The International Terje Ostvold Symopium (International Symposium in honour of Professor, Dr. teche. Terje Ostvold) [Roros, Norway] (1998.11.3).
  49. 'Li-M-N (M=Al,Ga)系複合窒化物の熱力学的性質とMNx新合成プロセス',
    石山 理、岡部 徹、早稲田 嘉夫:
    資源素材学会・秋季大会 [小倉] (1998.11.5).
  50. 'Extraction of Copper from Chalcopyrite Concentrate by Using Hematite',
    W. Tomgamp, T. H. Okabe, and F. Saito:
    粉体工学会・秋期研究発表会 [東京] (1998.11.25).
  51. 'Leaching of Molybdenum Concentrate by Electro-Oxidation and Recovery of Molybdenum',
    T. Darjaa, T. H. Okabe, Y. Waseda, and Y. Umetsu:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (1999.3.30).
  52. '溶融塩中におけるチタンコーティング',
    宇田 哲也、岡部 徹、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・春期大会 [東京] (1999.3.30).
  53. 'Li3Nを含む溶融ハライド塩の熱力学的・電気化学的性質',
    堀内 章芳、岡部 徹、K. T. Jacob、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・春期大会 [東京] (1999.3.30).
  54. 'Liを含む複合窒化物の熱力学的性質と窒化物の新しい合成プロセス',
    石山 理、岡部 徹、K. T. Jacob、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・春期大会 [東京] (1999.3.30).
  55. 'Titanium Production by Magnesiothermic Reduction of TiCl4 Through an Electronically Mediated Reaction (EMR)',
    T. Uda, T. H. Okabe, and Y. Waseda:
    The 9th World Conf. on Titanium [Saint Petersburg, Russia] (1999.6.9).
  56. 'Direct Oxygen Removal and Anticontamination Treatment of Titanium',
    T. H. Okabe and Y. Umetsu:
    The 9th World Conf. on Titanium [Saint Petersburg, Russia] (1999.6.11).
  57. '金属還元剤・溶融塩混合体を利用したチタン塩化物の還元',
    道下 尚則、岡部 徹、梅津 良昭:
    資源素材学会・秋季大会 [京都] (1999.11.1).
  58. 'チタンの還元プロセスの新しい展開',
    岡部 徹:
    第8回素材工学研究所研究懇談会 [仙台] (1999.11.26).
  59. '新しい反応制御による省エネルギーチタン粉末製造方法の開発',
    田中 淳一、藤谷 義、酒井 直秀、梅津 良昭、岡部 徹、高橋 和秀、二上 :
    平成11年度新規産業創造型提案公募事業成果報告会 [東京] (2000.3.14).
  60. '金属・溶融塩混合体への固体TiCl4の投入還元',
    道下 尚則、岡部 徹、梅津 良昭:
    資源素材学会・春季大会 [千葉] (2000.3.29).
  61. '硝酸銅水溶液からの銅の電析',
    三品 和彦、岡部 徹、梅津 良昭:
    資源素材学会・春季大会 [千葉] (2000.3.29).
  62. 'Production of Metal Powder by Metallothermic Reduction',
    T. H. Okabe and Y. Umetsu:
    Technical meeting at IPT (Technical Research Institute), [Sao Paulo] (2000.5.8).
    [依頼講演]
  63. '溶融塩を利用した希土類金属・合金の高純度化と素材再生プロセス',
    岡部 徹、梅津 良昭:
    溶融塩・熱技術協会第91回研究講演会 [仙台] (2000.8.21).
  64. 'Recovery of Molybdenum and Rhenium from Sulfide Concentrate by Electro-Oxidation and Precipitation',
    T. Darjaa, T. H. Okabe, and Y.Umetsu:
    2nd Intl. Conf. on Processing Materials for Properties (PMP) [San Francisco] (2000.11).
  65. 'Titanium Powder Production by Reactive Molten Salt as an Reductant',
    T. Uda, T. H. Okabe, and Y. Waseda:
    2nd Intl. Conf. on Processing Materials for Properties (PMP) [San Francisco] (2000.11).
  66. 'Fe-Nd-B合金からの溶融マグネシウムによるネオジムの抽出',
    福田 和博、竹田 修、岡部 徹、梅津 良昭:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2001.3).
  67. 'Sm-Co混合シュウ酸塩のCa熱還元',
    葛谷 俊博、岡部 徹、梅津 良昭、日下 英史、福中 康博、石井 隆次:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2001.3).
  68. 'メタル抽出媒体を用いた磁石合金スクラップの再生処理',
    竹田 修、福田 和博、岡部 徹、梅津 良昭:
    日本金属学会・春期大会 [千葉] (2001.3).
  69. 'Li3N-Mg3N2系の3元系窒化物',
    山根 久典、岡部 徹、早稲田 嘉夫、窪田 俊一、島田 昌彦:
    日本セラミックス協会2001年年会 [東京] (2001.3.23).
  70. 'ニオブおよびタンタルの還元プロセス',
    岡部 徹:
    電荷デバイス材料研究サミット [東京] (2001.8.23).
  71. '磁石合金スクラップの新しい再生プロセスの開発',
    竹田 修、岡部 徹、梅津 良昭:
    資源素材学会・秋季大会 [札幌] (2001.9).
    *** 学生ポスター賞 (2001) ***
  72. 'ダスト高温乾式処理におけるアルカリ硫酸塩の影響',
    岩沢 こころ、山口 周、岡部 徹、前田 正史:
    資源素材学会・秋季大会 [札幌] (2001.9).
  73. '希土類-遷移金属混合シュウ酸塩のCa熱還元',
    葛谷 俊博、藤澤 敏治、日下 英史、福中 康博、石井 隆次、岡部 徹、大石 敏雄:
    資源・素材学会・秋季大会 [札幌] (2001.9).
  74. 'チタンの新しい還元プロセスの研究開発',
    岡部 徹:
    日本鉄鋼協会第142回秋季講演大会・材料の組織と特性部会「チタン研究開発の新しい可能性」フォーラム成果報告会 [福岡] (2001.9.22).
  75. 'チタンの新しい製錬法についての最近の話題',
    岡部 徹:
    日本チタン協会平成14年度秋季総会・研修会, [東京] (2002.2.14) [資料, pp.26-29].
    [依頼講演]
  76. 'TaおよびNb粉体の製造法',
    岡部 徹:
    電荷デバイス材料特別研究会 [東京] (2002.3.19).
  77. 'Nb2O5のマグネシウム熱還元によるニオブ粉末の製造',
    蛭子 健太、岡部 徹、梅津 良昭:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2002.3.28) [予稿集 pp.160-161].
  78. '溶融金属を用いたNd-Fe-B磁石合金からのネオジムの分離・回収',
    竹田 修、岡部 徹、梅津 良昭:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2002.3.28) [予稿集 pp.162-163].
  79. 'Current Research Activities on the Titanium Reduction Process in Japan',
    T. H. Okabe:
    Euchem 2002, Molten Salts Conference, Royal Society of Chemistry, [Oxford] (2002.9.1-6) [Abstract p.PL2].
    [Invited, Plenary lecture]
  80. '化合物の生成反応を利用するPtの新しい回収プロセス',
    萱沼 義弘、山本 祥子、岡部 徹、前田 正史:
    資源素材学会・秋季大会 [熊本] (2002.9.23) [予稿集:一般ポスター発表・若手ポスター発表資料 p.96].
  81. '活性金属を用いた廃棄物からの貴金属の抽出・分離',
    萱沼 義弘、岡部 徹、前田 正史:
    資源素材学会・秋季大会 [熊本] (2002.9.23) [予稿集:資料(C)(D) pp.11-12].
  82. 'レアメタル金属の新製錬技術',
    岡部 徹、平藤 哲司、片山 巌、神保 至、大藏 隆彦:
    資源素材学会・秋季大会 [熊本] (2002.9.25) [予稿集 pp.162-163].
  83. 'チタンの新精錬法',
    岡部 徹:
    日本金属学会・分科会シンポジウム [東京] (2002.10.4) [予稿集 pp.5-8].
  84. '低酸素分圧下での高純度Cu-Ti合金における選択酸化',
    鈴木 茂、平林 一隆、岡部 徹、三村 耕司、一色 実、早稲田 嘉夫:
    日本金属学会・秋期大会 [大阪] (2002.11.2-4) [予稿集 p.288].
  85. '化合物の生成反応を利用するロジウムの抽出・分離',
    萱沼 義弘、岡部 徹、前田 正史:
    日本金属学会・秋期大会 [大阪] (2002.11.2-4) [予稿集 p.396].
  86. '酸化物成形体の金属熱還元によるニオブ粉末の製造',
    岩田 周祐、岡部 徹、前田 正史、今葷倍 正名:
    日本金属学会・秋期大会 [大阪] (2002.11.2-4) [予稿集 p.397].
  87. 'Scrap Combination for Recycling Valuable Metals: Direct Extraction and Recovery of Neodymium Metal from Magnet Scraps',
    T. H. Okabe, O. Takeda, K. Fukuda, and Y. Umetsu:
    Yazawa International Symposium, [San Diego] (2003.3.2-6) [予稿集 pp.1079-1091].
  88. 'Some Challenges on Nitride Metallurgy: Synthesis of Complex Nitrides, Phase Equilibria and Chemical Potential Measurements',
    T. H. Okabe, O. Ishiyama, H. Yamane, K. T. Jacob, and Y. Waseda:
    Yazawa International Symposium, [San Diego] (2003.3.2-6) [予稿集 pp.563-577].
    [Invited presentation]
  89. 'Some Challenges for Nitride Chemistry',
    T. H. Okabe:
    Japan-Caltech Materials Science Seminar, [CALTEC, Pasaneda] (2003.3.7).
    [Invited Lecture]
  90. '原料成形体のカルシウム熱還元によるチタンの製造',
    岡部 徹、小田 尚、光田 好孝:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2003.3.27) [予稿集 pp.3-4].
  91. '原料成形体の金属熱還元によるタンタル粉末の製造',
    佐藤 尚人、岡部 徹、光田 好孝、小野 幸子:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2003.3.27) [予稿集 pp.7-8].
  92. 'コンデンサスクラップからのタンタルの回収',
    峯田 邦生、岡部 徹:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2003.3.29) [予稿集 pp.202-203].
  93. 'Development of a Recycling Process for Tantalum from Capacitor Scraps ',
    K. Mineta and T. H. Okabe:
    International IUPAC Conference on High Temperature Materials Chemistry -XI, [Tokyo] (2003.5.19-23) [Proceedings p.150].
  94. 'Production of Titanium Powder Directly from TiO2 in CaCl2 by Electronically Mediated Reaction (EMR) ',
    I. Park, T. Abiko, and T. H. Okabe:
    International IUPAC Conference on High Temperature Materials Chemistry -XI, [Tokyo] (2003.5.19-23) [Proceedings p.66].
  95. 'Reduction of Titanium Oxide in Molten Salt Medium',
    T. Abiko, I. Park, and T. H. Okabe:
    10th World Conference on Titanium, Ti-2003, [Hamburg] (2003.7.13-18) [Proceedings pp.253-260].
    *** 第10回世界チタン会議学生ポスター賞 (2003) ***
  96. 'Titanium Powder Production by Preform Reduction Process',
    T. H. Okabe, T. Oda, and Y. Mitsuda:
    10th World Conference on Titanium, Ti-2003, [Hamburg] (2003.7.13-18) [Proceedings pp.261-268].
  97. 'レアメタル製錬プロセスについて',
    岡部 徹:
    21世紀における革新的非鉄製錬技術の開発に関する調査研究委員会研究懇談会(資源素材学会), [岡山県玉野市] (2003.7.28).
  98. 'Current Research Activities on the Titanium Reduction Process',
    T. H. Okabe:
    Informal Seminar at College of Engineering, Hanyang University, [Seoul] (2003.8.8).
    [Invited Lecture ]
  99. 'タンタルおよびニオブ粉末の新しい製造法',
    岡部 徹:
    新金属協会 タンタル部会講演, [東京] (2003.8.18).
  100. 'タンタルスクラップのリサイクルについて',
    峯田 邦生、岡部 徹:
    資源素材学会・秋季大会 [宇部] (2003.9.23) [予稿集 企画発表・一般発表(C)(D)資料 pp.273-276].
  101. '金属蒸気を用いた貴金属回収プロセスの開発',
    萱沼 義弘、岡部 徹、光田 好孝、前田 正史:
    日本金属学会・秋期大会 [北海道] (2003.10.11-13) [予稿集 p.338].
  102. 'レアメタル粉末の新製造技術',
    岡部 徹:
    第18回マテリアル研究セミナー (東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻・財団法人総合研究奨励会共催) [東京] (2003.10.17).
  103. '未来材料:チタン・レアメタル',
    岡部 徹:
    千葉工業大学大学院特別講義(高度新技術特論) [千葉] (2003.11.28).
  104. 'レアメタル製錬の最近の話題',
    岡部 徹:
    第152回溶融塩委員会 [京都] (2003.12.12).
    [依頼講演]
  105. 'Production of Titanium Powder Through an Electronically Mediated Reaction',
    T. H. Okabe, T. Kakihira, and T. Abiko:
    The Symposium on Electrochemical Measurements and Processing of Materials at the 2004 TMS Annual Meeting, [Charlotte, NC] (2004.3.14-18).
  106. 'Recycling Process for Tantalum and Some Other Reactive Metal Scraps',
    R. Matsuoka, K. Mineta, and T. H. Okabe:
    The Symposium on Solid and Aqueous Waste from Non-ferrous Metal Industries at the 2004 TMS Annual Meeting, [Charlotte, NC] (2004.3.14-18).
  107. 'チタン酸化物を直接還元する新製錬法における電解プロセス',
    柿平 貴仁、安孫子 貴、岡部 徹:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2004.3.31) [予稿集(II) pp.170-171].
  108. 'プリフォーム還元法によるチタン鉱石からのチタン粉末の新製造法',
    真下 雄一、岡部 徹:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2004.3.31) [予稿集(II) pp.172-173].
  109. 'Electrolysis of Molten CaCl2-CaO Salt for Direct Reduction Process of Titanium Oxide',
    T. Kakihira and T. H. Okabe:
    Euchem 2004, Molten Salts Conference, University of Wroclaw, Wroclaw University of Technology [Poland] (2004.6.20-25) [Proceedings p.141].
  110. 'New Titanium Production Process by Magnesiothermic Reduction of Titanium Subhalides',
    O. Takeda and T. H. Okabe:
    Euchem 2004, Molten Salts Conference, University of Wroclaw, Wroclaw University of Technology [Poland] (2004.6.20-25) [Proceedings p.186].
  111. 'Current Status of Advanced Metal Production Technology Using Molten Salts',
    T. H. Okabe:
    Euchem 2004, Molten Salts Conference, University of Wroclaw, Wroclaw University of Technology [Poland] (2004.6.20-25) [Proceedings p.41].
  112. 'Metal Vapor Treatment for Platinum Group Metals from Automotive Spent Catalyst',
    Y. Kayanuma, T. H. Okabe, Y. Mitsuda, M. Miyake, and M. Maeda:
    Fifth International Symposium on Waste Processing and Recycling in Mineral and Metallurgical Industries [COM 2004], [Hamilton, Ontario, Canada] (2004.8.22-25) [Proceedings pp.169-180].
  113. '低級塩化物のマグネシウム熱還元反応によるチタンの高速製造法',
    竹田 修、岡部 徹:
    資源・素材学会・環境技術と研究の交流会 [東京] (2004.8.6).
  114. 'チタン酸化物を直接還元する新製錬法における電解プロセス',
    柿平 貴仁、安孫子 貴、岡部 徹:
    資源・素材・環境技術と研究の交流会 [東京] (2004.8.6).
  115. '選択塩化法によるチタン鉱石の高品位化と塩化物廃棄物の有効利用法の開発',
    松岡 良輔、岡部 徹:
    資源・素材・環境技術と研究の交流会 [東京] (2004.8.6).
  116. 'New Platinum Extraction Process Using Metal Vapor Treatment',
    Y. Kayanuma, T. H. Okabe, Y. Mitsuda, and M. Maeda:
    Global Symposium on Recycling, Waste Treatment and Clean Technology [REWAS 2004] [IFEMA, Feria de Madrid, Madrid, Spain] (2004.9.26-29) [Proceedings vol.2, pp.1841-1848].
  117. 'Recycling Titanium and Other Reactive Metal Scraps by Utilizing Chloride Wastes',
    T. H. Okabe, R. Matsuoka, and O. Takeda:
    Global Symposium on Recycling, Waste Treatment and Clean Technology [REWAS 2004] [IFEMA, Feria de Madrid, Madrid, Spain] (2004.9.26-29) [Proceedings vol.1, pp.893-902].
  118. '低級塩化物を用いたチタンの高速還元プロセスの開発',
    竹田 修、岡部 徹:
    資源素材学会・秋季大会 [盛岡] (2004.9.14-16) [予稿集 企画発表・一般発表(C)(D)資料 pp.227-230].
  119. 'チタン製錬技術の最新の開発状況',
    岡部 徹、竹田 修:
    資源素材学会・秋季大会 [盛岡] (2004.9.14-16) [予稿集 企画発表・一般発表(C)(D)資料 pp.329-330].
  120. '電子材料用のタンタルおよびニオブ粉末の製造技術' ,
    岡部 徹:
    情報技術協会 電気・電子材料系セミナー「タンタル・ニオブコンデンサにおける材料技術と高性能化に向けた課題」 [東京] (2004.9.22)
  121. 'Recovery of Neodymium from a Mixture of Magnet Scrap and Other Scrap',
    O. Takeda, T. H. Okabe, and Y. Umetsu:
    International Conference on Rare Earths [Rare Earths '04], [Nara, Japan] (2004.11.7-12).
  122. 'High Speed Titanium Production Process by Magnesiothermic Reduction of Titanium Subhalides',
    竹田 修、岡部 徹:
    東京大学生産技術研究所学術講演会・産学連携フォーラム合同講演会, [東京] (2005.1.27).
  123. 'チタンなどのレアメタルプロセスと材料熱力学',
    岡部 徹:
    第1回材料科学フォーラム-材料熱力学に基づいたプロセッシング (京都大学大学院工学研究科材料工学専攻) [京都] (2005.1.31).
    [依頼講演]
  124. 'Evaluation of Ti-Cr-Cu Alloys for Dental Applications',
    M. Koike, M. Itoh, O. Okuno, O. Takeda, T. H. Okabe, and T. Okabe:
    2005 TMS Annual Meeting, [San Francisco, California] (2005.2.13-17).
  125. 'Iron Removal from Titanium Ore Using Selective Chlorination and Effective Utilization of Chloride Wastes',
    R. Matsuoka and T. H. Okabe:
    Symposium on Metallurgical Technology for Waste Minimization at the 2005 TMS Annual Meeting, [San Francisco, California] (2005.2.13-17).
  126. 'A New High Speed Titanium Production by Subhalide Reduction Process',
    O. Takeda and T. H. Okabe:
    2005 TMS Annual Meeting, [San Francisco, California] (2005.2.13-17) [Proceedings pp.1139-1144].
  127. '電子材料用のタンタルおよびニオブ粉末の製造技術' ,
    岡部 徹:
    情報技術協会 電気・電子材料系セミナー「タンタル・ニオブコンデンサにおける材料技術と高性能化に向けた課題」 [東京] (2005.3.23).
  128. 'プリフォーム還元法による鉱石からのチタン粉末の直接製造法',
    伊藤 洋正、岡部 徹:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2005.3.29) [予稿集 (II) pp.89-90].
  129. 'Environmentally Sound Rare Metal Processing',
    T. H. Okabe:
    China-Japan Symposium on Strategy of Material Sustainability (UT Forum, IIS Forum at Beihan University) [Beijing, China] (2005.4.27-29) [Abstract p.34].
  130. 'Niobium Powder Production in Molten Salt by Electrochemical Pulverization',
    B. Yuan and T. H. Okabe:
    First Asian and Ninth China-Japan Bilateral Conference on Molten Salt Chemistry and Technology (FANCJ Conference), [Wuhu, Anhui, China] (2005.5.23-29) [Proceedings pp.129-132].
  131. 'Titanium Production Processes by Utilizing Molten Salts',
    T. H. Okabe and O. Takeda:
    First Asian and Ninth China-Japan Bilateral Conference on Molten Salt Chemistry and Technology (FANCJ Conference), [Wuhu, Anhui, China] (2005.5.23-29) [Proceedings pp.25-28].
    *** Invited presentation ***
  132. 'Development of Novel Production Processes of Tantalum, Niobium, and Their Compound Powders for Electronic Applications',
    B. Yuan and T. H. Okabe:
    資源・素材学会関東支部・第2回資源・素材・環境技術と研究の交流会, [東京] (2005.8.5).
    [ポスター発表]
  133. '電気化学的手法によるチタン鉱石の選択塩化',
    尾花 勲、岡部 徹:
    資源・素材学会関東支部・第2回資源・素材・環境技術と研究の交流会, [東京] (2005.8.5).
    [ポスター発表]
  134. '活性金属および塩化物蒸気を用いた貴金属回収プロセス',
    大川 ちひろ、岡部 徹:
    資源・素材学会関東支部・第2回資源・素材・環境技術と研究の交流会, [東京] (2005.8.5).
    [ポスター発表]
  135. 'Production of Niobium and Tantalum Powders by Preform Reduction Process',
    T. H. Okabe, K. Fujita, and B. Yuan:
    The Euromat Conference (EUROMAT2005), [Praque, Czech] (2005.9.5-9).
  136. 'Niobium Powder Production by Molten Salt Electrolysis',
    Boyan Yuan and T. H. Okabe:
    The Euromat Conference (EUROMAT2005), [Praque, Czech] (2005.9.5-9).
    [Poster Presentation]
  137. 'Recycling Titanium Metal Scraps by Utilizing Chloride Wastes',
    H. Zheng, R. Matsuoka, and T. H. Okabe:
    The European Metallurgical Conference 2005 (EMC2005), [Dresden, Germany] (2005.9.18-21) [Proceedings, vol.4, pp.1509-1518].
  138. 'New Extraction Process of Precious Metals from Scrap by Chemical Vapor Treatment',
    C. Ohkawa and T. H. Okabe:
    The European Metallurgical Conference 2005 (EMC2005), [Dresden, Germany] (2005.9.18-21) [Proceedings, vol.1, pp.293-306].
  139. '電気化学的な手法を用いたチタン鉱石からの脱鉄プロセス',
    尾花 勲、岡部 徹:
    資源・素材学会・秋季大会, [室蘭] (2005.9.25-27).
  140. 'Electrochemical Pulverization of Bulk Metal for Producing Fine Niobium Powder',
    B. Yuan and T. H. Okabe:
    Electrochemical Processing of Tailored Materials, [Kyoto, Japan] (2005.10.3-5) [Abstract of Electrochemical Processing of Tailored Materials, pp.164-165].
    [Poster Presentation]
  141. '触媒用レメタルの資源、製錬、リサイクル' [依頼講演],
    岡部 徹:
    環境触媒研究会, [エポカル筑波] (2005.11.8).
  142. '溶融塩を用いたレアメタルプロセス',
    岡部 徹:
    溶融塩討論会, [慶応義塾大学日吉キャンパス来往舎] (2005.11.25).
    [特別講演]
  143. '白金族金属のマテリアルフロー',
    岡部 徹:
    平成17年度 資源の経済外物質フロー調査検討委員会、((社)未踏科学技術協会), [東京] (2006.2.2).
    [依頼講演]
  144. 'Iron Removal from Titanium Ore by Electrochemical Method',
    I. Obana and T. H. Okabe:
    The 135th TMS Annual Meeting, [San Antonio, U.S.A.] (2006.3.12-16) [Abstract, p.26].
    [Invited Lecture]
  145. 'Titanium Subchloride Synthesis by Reaction of Titanium with TiCl4',
    O. Takeda and T. H. Okabe:
    The 135th TMS Annual Meeting, [San Antonio, U.S.A.] (2006.3.12-16).
  146. 'Production of Titanium Powder Directly from Titanium Ore by Preform Reduction Process (PRP)',
    H. Zheng and T. H. Okabe:
    The 135th TMS Annual Meeting, [San Antonio, U.S.A.] (2006.3.12-16) [Abstract, p.232].
  147. 'Recent Progress of Rare Metal Processing, and Research Activity of Okabe Laboratory',
    T. H. Okabe:
    1st Workshop on Reactive Metal Processing (JSPS Core-to-Core Project / MIT), Massachusetts Institute of Technology, [Cambridge, U.S.A.] (2006.3.17-18).
  148. 'Production of Titanium Subchloride by Employing Molten Salts as Reaction Medium'
    . Takeda and T. H. Okabe:
    1st Workshop on Reactive Metal Processing (JSPS Core-to-Core Project / MIT), Massachusetts Institute of Technology, [Cambridge, U.S.A.] (2006.3.17-18).
  149. 'タンタルコンデンサー材料の需給と代替材料の開発',
    岡部 徹:
    日本金属学会・春期大会 (2006年春期講演大会第0+2分科材料戦略セッション), [東京] (2006.3.21-23) [予稿集, p.488, 講演番号:R17].
    [依頼講演]
  150. '金属熱還元法によるScおよびAl-Sc合金の製造',
    中村 卓央、原田 正則、薬師寺 弘昌、岡部 徹:
    資源・素材学会・春季大会, [東京] (2006.3.27-29) [予稿集 (II)素材編, pp.79-80, 講演番号:1702 ].
  151. '電子材料用のタンタルおよびニオブ粉末の製造技術',
    岡部 徹:
    情報技術協会 電気・電子材料系セミナー「タンタル・ニオブコンデンサにおける材料技術と高性能化に向けた課題」, [東京] (2006.3.30).
    [依頼講演]
  152. '電気分解によるチタンの新しい製造法',
    岡部 徹:
    (財)東電記念科学技術研究所 講演・成果報告会, [東京] (2006.4.12).
  153. '溶融塩電解を利用するチタンの製造プロセス',
    岡部 徹:
    日本学術振興会素材プロセシング第69委員会, 第1分科会(非鉄製錬関連技術) [47回], [福岡] (2006.4.27) [研究会資料, pp.21-34].
    [依頼講演]
  154. 'レアメタル・白金族金属の現状と将来展望',
    岡部 徹:
    日本金属学会関東支部講習会「材料開発の戦略―代替金属を探る―資源枯渇をどう乗り切るか― 」,  [東京, 東京理科大学・森戸記念館] (2006.8.23) [講演資料, pp.3.1-3.8].
    [依頼講演]
  155. 'Production of Scandium and Al-Sc Alloy by Metallothermic Reduction',
    M. Harata, T. Nakamura, H. Yakushiji, and T. H. Okabe:
    Sohn International Symposium on Advanced Processing of Metals and Materials: Principles, Technologies and Industrial Practice, [San Diego, U.S.A] (2006.8.27-31) [Abstract, pp.155-162].
    [Invited Lecture]
  156. 'ニオブ、タンタル粉末の製造法',
    岡部 徹、袁 勃艶:
    資源・素材学会・秋季大会, [福岡] (2006.9.11-13) [予稿集 企画発表・一般発表(C)(D)資料, pp.217-220].
  157. '溶融塩を用いたチタンの低級塩化物の合成プロセス',
    竹田 修、岡部 徹:
    資源・素材学会・秋季大会, [福岡] (2006.9.11-13) [予稿集 企画発表・一般発表(C)(D)資料, pp.267-268].
  158. 'Production of Scandium and Al-Sc Alloy by Using CaCl2 Molten Salt',
    M. Harata, T. Nakamura, H. Yakushiji, and T. H. Okabe:
    The 2006 EUCHEM Conference on Molten Salts and Ionic Liquids, [Hammamet, Tunisia] (2006.9.16-22) [Abstract, pp.152-153].
    [Poster Presentation]
  159. 'Tantalum and Niobium Powder Production by Molten Salt Electrolysis',
    B. Yuan and T. H. Okabe:
    The 2006 EUCHEM Conference on Molten Salts and Ionic Liquids, [Hammamet, Tunisia] (2006.9.16-22) [Abstract, p.33].
  160. 'Selective Chlorination of Titanium Ore and Production of Titanium Powder by Preform Reduction Process' [Poster Presentation],
    H. Zheng and T. H. Okabe:
    16th Iketani Conference: Masuko Symposium, [Tokyo, Japan] (2006.11.12-16) [Proceedings, pp.1005-1010, 講演番号:P-29].
  161. 'Fundamental Study on Magnesiothermiec Reduction of Titanium Subchlorides',
    O. Takeda and T. H. Okabe:
    16th Iketani Conference: Masuko Symposium, [Tokyo, Japan] (2006.11.12-16) [Proceedings, pp.715-720, 講演番号:3-B-6].
  162. '白金族金属の現状について~製錬からリサイクル技術まで~',
    岡部 徹:
    東京温度検出端工業会・講演会, [東京] (2007.2.2).
    [依頼講演]
  163. '軽金属の製造技術',
    岡部 徹:
    将来開発される素材関連技術(リサイクル技術を含む)ワークショップ・講演会 (NEDO調査研究:「資源と環境を考慮した素材戦略モデル開発に関する調査」), [仙台] (2007.2.20).
    [依頼講演]
  164. 'Synthesis and Enrichment of Titanium Subchlorides in Molten Salts',
    O. Takeda and T. H. Okabe:
    The 136th TMS Annual Meeting, [Orlando, Florida] (2007.2.25-3.1) [Proceedings, pp.69-78].
  165. 'A Novel Recycling Process of Titanium Metal Scraps by Using Chloride Wastes',
    H. Zheng and T. H. Okabe:
    The 136th TMS Annual Meeting, [Orlando, Florida] (2007.2.25-3.1) [Proceedings, pp.147-154].
    [Invited Lecture]
  166. 'The Recycling of Chloride Wastes by Utilizing Metal Scraps',
    H. Zheng and T. H. Okabe:
    3rd Workshop on Reactive Metal Processing (JSPS Core-to-Core Project / MIT), [Cambridge, U.S.A.] (2007.3.2-4).
  167. 'Fundamental Study on Titanium Production Process by the Disproportionation Reactions of Titanium Subchlorides',
    T. Oi and T. H. Okabe:
    3rd Workshop on Reactive Metal Processing (JSPS Core-to-Core Project / MIT), [Cambridge, U.S.A.] (2007.3.2-4).
  168. 'New Separation and Recovery Process of Platinum Using Chlorinating Agents',
    C. Horike and T. H. Okabe:
    3rd Workshop on Reactive Metal Processing (JSPS Core-to-Core Project / MIT), [Cambridge, U.S.A.] (2007.3.2-4).
  169. 'レアメタル製錬に関する研究の最近の進展について[功績賞受賞講演]',
    岡部 徹:
    日本金属学会・春期大会 (2007年春期講演大会), [千葉] (2007.3.27-29) [予稿集, p.307, 講演番号:162].
    [依頼講演]
  170. 'レアメタルの新製造プロセスの最近の話題',
    岡部 徹:
    電気化学会第74回大会, [東京理科大学理工学部・野田キャンパス, 千葉] (2007.3.29-31) [予稿集, p.313, 講演番号:特2K11].
    [特別講演]
  171. 'Recent Topics on New Production Process of Less-common Metals',
    T. H. Okabe:
    Technical Seminar at NTNU (Norwagian University of Science and Technology), [Trondheim, Norway] (2007.4.15-22).
    [Invited Lecture]
  172. 'レアメタル・白金族金属の現状とリサイクル技術',
    岡部 徹:
    第21回環境工学連合講演会、日本学術会議土木工学・建築学委員会, [東京] (2007.4.24-25) [予稿集, pp.137-144, 講演番号:2-10].
    [依頼講演]
  173. 'Fundamental Study on Titanium Production Process by Disproportionation Reactions of Titanium Subchlorides',
    T. Oi and T. H. Okabe:
    The 11th World Conference on Titanium, [Kyoto, Japan] (2007.6.3-7) [Proceedings, Vol.1, pp.111-114, 講演番号:P1-2].
    [Poster Presentation]
  174. 'Titanium Production Process by Utilizing Titanium Subchlorides',
    O. Takeda and T. H. Okabe:
    The 11th World Conference on Titanium, [Kyoto, Japan] (2007.6.3-7) [Proceedings, Vol.1, pp.115-118, 講演番号:P1-3].
    [Poster Presentation]
  175. 'Production of Titanium Powder Directly from Titanium Ore',
    Haiyan Zheng and Toru H. Okabe:
    The 11th World Conference on Titanium, [Kyoto, Japan] (2007.6.3-7) [Proceedings, Vol.1, pp.119-122, 講演番号:P1-7].
    [Poster Presentation]
  176. 'レアメタルの最近の話題について',
    岡部 徹:
    第26回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所, 東京] (2007.6.8).
  177. '貴金属・レアメタルの回収技術',
    岡部 徹:
    廃棄物学会リサイクルシステム技術研究部会6月部会, [(社)産業環境管理協会, 東京] (2007.6.29).
    [依頼講演]
  178. 'レアメタルの現状及び製造プロセスとリサイクル技術',
    岡部 徹:
    技術情報センター・技術セミナー, [新御茶ノ水・総評会館, 東京] (2007.7.11).
    [依頼講演]
  179. 'チタンの新製造法の最近の話題について',
    岡部 徹:
    第27回レアメタル研究会(財団法人生産技術研究奨励会・特別研究会), [東京大学生産技術研究所, 東京] (2007.7.27).
  180. 'Recent Topics on New Production Process of Titanium, and the EMR Process for Titanium Production',
    T. H. Okabe:
    The 1st Symposium of Industrial Titanium Technology (organized by RIST), [Pohang, Korea] (2007.8.24).
    [Invited Lecture]
  181. 'New Separation and Recovery Process of Platinum Using Chlorinating Agents',
    C. Horike and T. H. Okabe:
    European Congress and Exhibition on Advanced Materials and Processes (EUROMAT 2007), [Nurnberg, Germany] (2007.9.10-13) [講演番号:M-557].
    [Poster Presentation]
  182. 'Current Status of Advanced Metal Production Technology Using Molten Salt',
    T. H. Okabe:
    European Congress and Exhibition on Advanced Materials and Processes (EUROMAT 2007), [Nurnberg, Germany] (2007.9.10-13) [講演番号:C41-2346].
    (Session: Molten Salts I (Prof. Fray), Tue 14:40)
    [Invited, Highlight Lecture]
  183. 'Direct Production of Titanium Powder from Titanium Ore by Calciothermic Reduction',
    H. Zheng and T. H. Okabe:
    European Congress and Exhibition on Advanced Materials and Processes (EUROMAT 2007), [Nuremberg, Germany] (2007.9.10-13) [講演番号:C41-652].
  184. '白金族金属のリサイクル技術の新展開',
    岡部 徹:
    日本金属学会・秋期大会 (2007年秋期講演大会シンポジウムS8「非白金・超白金」) , [岐阜] (2007.9.19-21) [予稿集, p.166, 講演番号:S8-7].
    [依頼講演]
  185. 'レアメタルを中心とする原材料の実情と日本の課題',
    岡部 徹:
    (社)石川県鉄工機電協会・事業企画委員会 (講演会), [金沢全日空ホテル, 金沢] (2007.10.2).
    (翌日、北國新聞およびNHK金沢放送局により報道)
    [依頼講演]
  186. '機械産業におけるレアメタル:最近の話題とリサイクル動向',
    岡部 徹:
    (株)日鉄技術情報センター(JATIS)講演会, [新日鐵本社ビル, 東京] (2007.11.7).
    [依頼講演]
  187. 'レアメタルの最近の話題について',
    岡部 徹:
    生研セミナー, 財団法人生産技術研究奨励会, [東京大学生産技術研究所, 東京] (2007.11.15).
    [主催者としての導入講演]
  188. 'Recent Topics on New Production Process of Less-common Metals',
    T. H. Okabe:
    生研セミナー, 財団法人生産技術研究奨励会, [東京大学生産技術研究所, 東京] (2007.11.22).
    [主催者としての導入講演]
  189. 'チタン製練技術の新展開',
    岡部 徹:
    第16回東北大学素材工学研究懇談会・平成19年度ベースメタル研究ステーション、資源変換・再生研究センター合同シンポジウム「技術戦略から見た我が国の素材・エネルギープロセッシングの進むべき姿」 (主催:東北大学多元物質科学研究所), [仙台] (2007.11.29-30).
    [依頼講演]
  190. 'Removal of Oxygen from Rare Earth and Other Reactive Metals',
    T. H. Okabe:
    ISIJ Forum: "Analysis and Preparation of High-purity Metals", [Kanda Kakushi Kaikan, Tokyo, Japan] (2007.12.3).
    [Invited Lecture]
  191. 'Fundamental Study on Titanium Production Process by Disproportionation of TiCl2 in MgCl2 Molten Salt',
    T. Oi and T. H. Okabe:
    International Symposium on Environment, Energy, and Materials, [Piazza Omi, Otsu, Japan] (2007.12.4-7).
  192. 'Current Status of Rare Metal Production Using Molten Salt',
    T. H. Okabe:
    International Symposium on Environment, Energy, and Materials (Organized by:Kyoto International Forum for Environment and Energy (KIFEE)), [Otsu, Japan] (2007.12.4-7).
    [Special Lecture]
  193. 'レアメタルの製造方法とリサイクル技術について',
    岡部 徹:
    日本学術振興会素材プロセシング第69委員会, 第3分科会(環境関連技術) [4回], [東京] (2007.12.12).
    [依頼講演]
  194. 'レアメタルに関する最近の話題と問題点',
    岡部 徹:
    日本学術会議 総合工学委員会 持続可能なグローバル資源利活用に係る検討分科会 第3回 資源基礎調査小委員会, [東京, 日本学術会議5階5-A(2)会議室] (2007.12.26).
    [依頼講演]
  195. '希少金属資源:世界の現状と日本の課題',
    岡部 徹:
    元素戦略/希少金属代替材料開発合同戦略会議主催連携シンポジウム<第2回シンポジウム> (我が国材料技術の新展開~不足資源問題の解決に向けて~), [武田ホール, 東京] (2008.1.23).
    [基調講演]
  196. 'PGMの精製錬プロセス',
    岡部 徹:
    「製錬・リサイクル人材育成事業:共通基礎コース」(経済産業省委託事業「平成19年度中小企業産学連携人材育成事業(非鉄製錬産業およびこれと技術基盤を共有する資源リサイクル産業の中核人材育成事業) ), [財団法人国際資源大学校, 秋田県鹿角郡小坂町] (2008.1.30).
     [依頼講演]
  197. 'チタンの製錬技術と今後の展望',
    岡部 徹:
    財団法人 神奈川科学技術アカデミー(KAST)教育情報センター H19年度教育講座、講演会 (2008.1.31-2.1, レアメタルの現状と新たな製造技術の開発コース」), [東京大学生産技術研究所, 東京] (2008.1.31).
    [依頼講演]
  198. 'レアメタルの現状と新たな製造技術の展望について' ,
    岡部 徹:
    財団法人 神奈川科学技術アカデミー(KAST)教育情報センター H19年度教育講座、講演会 (2008.1.31-2.1, レアメタルの現状と新たな製造技術の開発コース」), [東京大学生産技術研究所, 東京] (2008.2.1).
    [依頼講演]
  199. 'レアメタルの実情と日本の課題',
    岡部 徹:
    第15回認定工場責任技術者研修会 (主催:社団法人 日本下水道協会), [笹川記念会館, 東京](2008.2.14).
    [特別講演]
  200. 'レアメタルの現状と課題',
    岡部 徹:
    エネルギー・資源学会H19年度第二回講習会『レアメタル資源の最前線』, [砂防会館シエーンバッハ・サボー別館, 東京] (2008.2.15).
    [依頼講演]
  201. 'スクラップからのレアメタルの回収技術',
    岡部 徹:
    環境資源工学会第16回シンポジウム「リサイクル設計と分離精製技術」, [新橋住友ビル, 東京] (2008.2.21).
    [依頼講演]
  202. 'On the Titanium Production Processes by Utilizing Molten Salts',
    T. H. Okabe:
    International Round Table on Titanium Production in Molten Salts, [Colonge, Germany] (2008.3.4). [Invited Lecture]
  203. 'Titanium Smelting Process Using Selective Chlorination and Preform Reduction Process',
    Haiyan Zheng and T. H. Okabe:
    The 137th TMS Annual Meeting, [New Orleans, U.S.A.] (2008.3.12).
  204. 'Fundamental Study on Titanium Production Process by Disproportionation Reactions of TiCl2 in MgCl2 Molten Salt',
    T. Oi and T. H. Okabe:
    The 137th TMS Annual Meeting, [New Orleans, U.S.A.] (2008.3.12).
  205. 'Producing Titanium Metal Powder by Selective Chlorination and Preform Reduction Process',
    H. Zheng and Toru H. Okabe:
    The 4th Workshop on Reactive Metal Processing, [Cambridge, U.S.A.] (2008.3.14-15).
  206. 'Fundamental Study on Titanium Production Process by Disproportionation Reactions of TiCl2 in MgCl2 Molten Salt',
    T. Oi and T. H. Okabe:
    The 4th Workshop on Reactive Metal Processing, [Cambridge, U.S.A.] (2008.3.14-15).
  207. 'Recovery of Nd and Dy from Rare Earth Magnet Scrap',
    S. Shirayama and T. H. Okabe:
    The 4th Workshop on Reactive Metal Processing, [Cambridge, U.S.A.] (2008.3.14-15).
  208. 'ネオジム磁石スクラップからのNd及びDyの回収',
    白山 栄、岡部 徹:
    資源・素材学会・春季大会, [東京] (2008.3.27-29).
    [資源・素材学会春季大会講演集(2)素材編, pp.69-70, 講演番号:1603].
  209. '溶融塩中でのチタン低級塩化物の不均化反応を利用したチタンの製造プロセスに関する基礎的研究',
    大井 泰史、岡部 徹:
    資源・素材学会・春季大会, [東京] (2008.3.27).
  210. 'レアメタルに関する最近の話題と今後の課題',
    岡部 徹:
    第31回レアメタル研究会(生産技術研究奨励会主催) [生産技術研究所, 東京] (2008.4.25).
  211. 'レアメタルとリサイクル',
    岡部 徹:
    2008年コベルコ・資源リサイクル会(コベルコ建機(株) (神戸製鋼グループ)主催)[ハイアットリージェンシー トーキョー, B1Fセンチュリールーム, 東京] (2008.6.5).
    [基調講演]
  212. '乾式法によるレアメタルのリサイクル',
    岡部 徹:
    第2回廃棄物学会リサイクル研究部会講演会、(6月10日 (火)、廃棄物学会リサイクル技術・システム研究部会 主催)[(独)産業技術総合研究所 臨海副都心研究センター 別館11F, 東京] [予稿集 pp.12-19] (2008.6.10).
    [依頼講演]
  213. 'Titanium Production Process Utilizing Disproportionation of Titanium Dichloride in Magnesium Chloride Molten Salt',
    T. Oi and T. H. Okabe:
    COSM-UT2 2008 Graduate Student Workshop , [Tokyo, Japan] (2008.6.10-11).
  214. '揺らぐレアメタル超大国',
    岡部 徹:
    神奈川経済同友会平成20年例会・講演会(6月12日(木) @横浜) [ホテルキャメロットジャパン 5F, 横浜] (2008.6.12).
    [依頼講演]
  215. 'プリフォーム還元法による電子材料用レアメタル粉末の新製造法の開発',
    岡部 徹:
    第7回産学連携推進会議, 若手の化学技術説明会, [国立京都国際会館 イベントホール特設会場, 東京] (2008.6.15) [説明会資料 pp.9-10].
    [依頼講演]
  216. '金属熱還元法を利用するレアメタルの新製造プロセス',
    岡部 徹:
    住友化学株式会社 生産技術センター 講演会, [住友化学株式会社愛媛工場 基礎化学品研究所, 愛媛県新居浜市] (2008.6.16).
    [依頼講演]
  217. 'レアメタルのリサイクルの現状と課題',
    岡部 徹:
    資源地質学会 第58回年会シンポジウム「ウラン,レアメタル-資源確保,探査および研究」,[東京大学, 本郷キャンパス 理学部1号館 小柴ホール, 東京], (2008.6.24).
    [依頼講演]
  218. 'レアメタルの現状と製錬・リサイクル技術' ,
    岡部 徹:
    名古屋大学 マテリアル理工学専攻 特別講義, (材料工学分野, 科目名: 材料工学特論)[名古屋大学 5号館320会議室, 愛知] (2008.7.3-4).
    [特別講義]
  219. 'Recent topics on titanium production processes',
    T. H. Okabe:
    NIMS WEEK 2008, Materials Science for Highly Efficient Use of Energy and Resources, July 14-18, 2008 Tsukuba, Japan.
    Invited lecture for the session: Future Research Direction of High Performance Ti Alloys.
    [Tsukuba, Ibaragi]. (2008.7.15).
    [依頼講演]
  220. 'レアメタルのリサイクルの真実',
    岡部 徹:
    平成20年夏季「経営者セミナー」東北六県再生資源組合連合会,
    [ホテルメトロポリタン仙台, 仙台] (2008.7.18).
    [依頼講演]
  221. '持続型社会に向けた非鉄金属プロセス工学の新展開',
    岡部 徹:
    第4部教員談話会, 生産技術研究所
    [生産技術研究所, 東京] (2008.7.22).
  222. 'レアメタルの不思議',
    岡部 徹:
    貸し出し教材研究会(「金属・材料を調べてみよう」研究会), 生産技術研究所  KDU(知の社会浸透ユニット)
    [生産技術研究所, 東京] (2008.7.26).
  223. '希土類合金磁石スクラップからの有価元素の回収',
    白山 栄、岡部 徹:
    資源・素材学会 関東支部 第5回「資源・素 材・環境」技術と研究の交流会,
    [東京大学浅野キャンパス・武田先端知ビル、東京] (2008.8.4).
    [ポスター発表]
  224. '高純度金属バナジウムの新製造法の開発',
    宮内 彰彦、岡部 徹:
    資源・素材学会 関東支部 第5回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会,
    [東京大学浅野キャンパス・武田先端知ビル、東京] (2008.8.4).
    [ポスター発表]
    *** 優秀ポスター賞受賞 ***
  225. 'レアメタルの実情と日本の課題',
    岡部 徹:
    第35回的場記念川渡セミナー(平成20年8月20日(水)-22(金), テーマ:「元素戦略」)
    [川渡共同セミナーセンター, 宮城県] (2008.8.20).
    [依頼講演]
  226. 'レアメタルに関する最近の話題と今後の展望',
    岡部 徹:
    ブレイクスルーの会(伊藤先生勉強会)にて話題提供, [アークヒルズクラブ, 東京](2008.9.10).
    [依頼講演]
  227. 'レアメタルの実情と今後の課題',
    岡部 徹:
    若手冶金エンジニア研究会(日本鉄鋼協会東海支部主催)、第3回技術交流フォーラム共催 [愛知県豊橋市トピー工業研修所, 愛知県] (2008.9.16).
    [招待講演]
  228. '機械産業におけるレアメタル:資源、製錬、素材からみた最近の話題',
    岡部 徹:
    日本機械工業連合会(日機連)「代替材料技術に関する調査専門部会」講演会
    [日機連会議室(機械振興会館5階507号室), 東京] (2008.9.22).
    [依頼講演]
  229. 'レアメタルの実情と今後の課題',
    岡部 徹:
    [JFE福山スチール研究所, 広島] (2008.9.22).
    [依頼講演]
  230. '高純度金属バナジウムの新製造法の開発',
    宮内 彰彦、岡部 徹:
    資源・素材学会・秋季大会, [仙台] (2008.10.7-9).
    [予稿集 企画発表・一般発表(C)(D)資料] (2008.10.??)
    *** 資源・素材のフロンティア 最優秀プレゼン賞受賞 ***
  231. '高純度金属バナジウムの新製造法の開発',
    宮内 彰彦、岡部 徹:
    資源・素材2008(仙台)秋季大会, [仙台国際センター、仙台] (2008.10.7-9).
    [ポスター発表]
    *** 平成20年度若手ポスター賞受賞 ***
  232. 'レアメタルの報道と誤解',
    岡部 徹:
    第34回レアメタル研究会 [生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2008.10.10).
  233. '成熟社会とレアメタル',
    岡部 徹:
    東京大学公開講座[東京大学安田講堂, 東京] (2008.10.11).
    [依頼講演・公開講義]
  234. 'Recent Topics on Titanium and Silicon Production Technologies',
    T. H. Okabe, K.Yasuda, T. Oi:
    2008 Joint Symposium on Molten Salts
    [Nichi-i Gakkan Kobe Port-Island Center, Kobe] (2008.10.19-23).
    (2008.10.20) [Proceedings, pp.270-275].
    [Invited Lecture]
  235. '白金族金属の現状と今後の展望',
    岡部 徹:
    Electronic Journal 第244回 Technical Seminarレアメタルの現状と行方★徹底検証 (主催:電子ジャーナル) [総評会館, 東京](2008.10.22).
    [依頼講演]
  236. 'Development of New Production Process of High Purity Vanadium Metal',
    A. Miyauchi and T. H. Okabe:
    The 4th UT-SNU-TU Student Workshop , [箱根プリンスホテル, 足柄下] (2008.10.20-22).
  237. 'レアメタル概論【特別講演1】',
    岡部 徹:
    第2回先進オリエント研究開発セミナー(日本原子力研究開発機構 原子力基礎工学研究開発部門 主催, [日本原子力研究開発機構 リコッティ(多目的ホールまたは第1・2回議室), 茨城] (2008.11.7).
    [特別講演]
  238. 'グローバルな視点から見た希少金属の現状と課題',
    岡部 徹:
    第72回CSTCフォーラム(講演会), 主催: 財団法人中部科学技術センター,  [名古屋市 栄ガスビル 5F大会議室, 愛知] (2008.11.20).
    [依頼講演]
  239. 'レアメタルの現状と最近の話題',
    岡部 徹:
    (社)設計工学会東海支部 特別講演と設計フォーラム(講演会)、主催:(社) 設計工学会東海支部, [名古屋 名城大学1号館504教室, 愛知] (2008.11.21).
    [特別講演]
  240. 'レアメタルの現状と最近の話題' [依頼講演],
    岡部 徹:
    平成20年度 同友クラブ 第19回 新世紀懇談会
    [パレスサイドビル(毎日新聞社ビル)東3階 同友クラブ, 東京] (2008.11.25).
  241. 'レアメタルの精錬のなかでの溶融塩と電気化学-基礎と測定法',
    宇田哲也、岡部 徹:
    第39回電気化学会溶融塩化学講習会(溶融塩を応用した非鉄金属材料の創生の現状と評価法)(主催:(社)電気化学会溶融塩委員会) [電気化学会会議室, 東京] (2008.11.27).
    [依頼講演]
  242. 'レアメタルの現状と日本の課題',
    岡部 徹:
    東京大学エグゼクティブマネジメントプログラム(東大EMP)講義および討論会
    [東京大学生産技術研究所As棟中セミナー室2, 東京] (2008.12.5).
    [講義]
  243. '現状のレアメタル動向やレアメタルリサイクル動向',
    岡部 徹:
    (社)日本産業機械工業会 平成20年度環境ビジネス研究会 講演会
    [ (社)日本産業機械工業会 中会議室 (港区芝公園3-5-8 機械振興会館4階), 東京] (2008.12.18).
    [依頼講演]
  244. '自動車に使われているレアメタルの製造からリサイクルまで',
    岡部 徹:
    (株)テクノバ 資源問題勉強会
    [帝国ホテルタワー13階 テクノバ会議室, 東京] (2008.12.18).
    [依頼講演]
  245. '金属のリサイクル全般についての状況',
    岡部 徹:
    三井金属鉱業(株)竹原製錬所での講演会
    [三井金属鉱業(株) 竹原製煉所, 広島] (2009.1.15).
    [依頼講演]
  246. 'レアメタルの現状と日本の課題~環境的視点からの考察」',
    岡部 徹:
    NPO法人 環境立国主催、第1回「環境ビジネス交流会」での講演
    [銀座会議室 中央区銀座3-7-1松屋アネックスビル, 東京] (2009.2.10).
    [依頼講演]
  247. 'Fundamental Study on Recovery of Nd and Dy from Rare Earth Magnet Scrap Using Molten Salt',
    S. Shirayama and T. H. Okabe:
    The 138th TMS Annual Meeting (2009.2.15-19), [San Francisco, U.S.A.] (2009.2.16).
  248. 'Titanium Production/Coating Process by Disproportionation of Titanium Chloride in Molten Magnesium Chloride ',
    T. Oi and T. H. Okabe:
    The 138th TMS Annual Meeting (2009.2.15-19), [San Francisco, U.S.A.] (2009.2.16).
  249. 'Production of V and V-Ti Alloys from Oxide Preforms',
    A. Miyauchi and T. H. Okabe:
    The 138th TMS Annual Meeting (2009.2.15-19), [San Francisco, U.S.A.] (2009.2.16).
  250. 'Development of New Production Process of High Purity V Metal',
    A. Miyauchi and T. H. Okabe:
    Workshop on Materials Process Engineering, [San Francisco, U.S.A.] (2009.2.19).
  251. 'Recovery of Nd and Dy from Magnet Scrap by Utilizing Molten Salt',
    S. Shirayama and T. H. Okabe:
    Workshop on Materials Process Engineering, [San Francisco, U.S.A.] (2009.2.19).
  252. 'レアメタルの現状とその資源リサイクル',
    岡部 徹:
    日立技術士会 講演会,
    [(株)日立製作所 本社会議室, 東京](2009.2.27)
    [依頼講演]
  253. 'アノード酸化ポーラス皮膜を用いた大表面積高純度ニオブ粉末の製造',
    大橋 正紀、阿相 英孝、小野 幸子、岡部 徹:
    資源・素材学会・春季大会, [千葉] (2009.3.26).
  254. 'レアメタルの現状とリサイクルについて',
    岡部 徹:
    平成20年度廃棄物資源循環学会シンポジウム「資源確保競争下での国際資源循環のあり方を考える」, [川崎市産業振興会館ホール, 神奈川] (2009.3.31).
    [依頼講演]
  255. 'レアメタルの現状と資源・リサイクルについて', ,
    岡部 徹:
    NEDOPJ(難利用鉄系スクラップの利用拡大のための先導的研究:銅鉄二相分離)研究委員会, [鹿島セントラルホテル,茨城] (2009.4.22).
    [依頼講演]
  256. 'レアメタルの現状と日本の課題', ,
    岡部 徹:
    オリックス役員会後の私的講演会, [オリックス本社23階大会議室, 東京] (2009.4.28).
    [依頼講演]
  257. '貴金属など有価レアメタルを取り巻く環境とリサイクル技術の新しい展開', ,
    岡部 徹:
    資源・環境セミナー2009『貴金属・レアメタル類の分離回収、リサイクル、資源化技術の現状と将来展望 』(主催:材料技術研究協会 資源・環境研究会), [日本化学会・化学会館ホール, 東京] (2009.5.15).
    [依頼講演]
  258. 'レアメタルの現状と日本の課題', ,
    岡部 徹:
    「第一回タンタルセミナー」, [ホテル日航成田 蘭の間, 千葉] (2009.5.18).
    [依頼講演]
  259. '希土類合金磁石の現状と乾式リサイクル技術',
    岡部 徹:
    第169回委員会 溶融塩委員会, [東京大学生産技術研究所 大セミナー室, 東京] (2009.6.24).
  260. 'レアメタルに関する最近の話題と今後の展望',
    岡部 徹:
    第36回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所, A棟コンベンションホール, 東京] (2009.6.26).
  261. 'レアメタルの現状と日本の課題',
    岡部 徹:
    東京大学エグゼクティブマネジメントプログラム(東大EMP)講義および討論会(第1期プログラム) [東京大学生産技術研究所As棟中セミナー室2, 東京] (2009.7.3).
    [講義]
  262. '気象変動時代の物質・材料研究のあり方' (検討会への話題提供),
    岡部 徹:
    「気候変動時代の物質・材料研究のあり方」検討会(主催:独立行政法人科学技術振興機構 研究開発戦略センター地域環境予測 モデルチーム)[科学技術振興機構研究開発戦略センター2F中会議室, 東京], (2009.7.11).
    [依頼講演]
  263. 'シリコンの還元プロセス',
    岡部 徹、安田 幸司:
    日本学術振興会素材プロセシング第69委員会, 第2分科会(新素材関連技術)研究会, 平成21年7月30日 (テーマ:「エネルギーデバイス開発の現状と展望」), [東京大学生産技術研究所, 東京] (2009.7.30). [研究会資料あり].
    [依頼講演]
  264. '白金族金属の新しい分離・回収法の開発',
    湯川 剛、森田 一樹、岡部 徹:
    資源・素材学会 関東支部 第6回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会, [東京大学生産技術研究所 An棟2階 コンベンションホールおよびホワイエ、 東京] (2009.8.4).
    [ポスター発表]
    *** 優秀ポスター賞受賞 ***
  265. '希土類は大丈夫なのか?',
    岡部 徹:
    株式会社テクノバ, 資源問題勉強会, [帝国ホテルタワー, 東京] (2009.8.17).
    [依頼講演]
  266. 'Titanium Recycling Process by Disproportionation of Titanium Dichloride in Molten Magnesium Chloride',
    T. Oi and T. H. Okabe:
    8th UT2-COSM Graduate Student Workshop (University of Toronto), [Toronto, Canada] (2009. 8.25-29).
  267. 'Development of New Production Process of Vanadium Metal and V-Ti alloy' [Poster Presentation],
    A. Miyauchi and T. H. Okabe:
    The 4th KIFEE Symposium on Environment, Energy, Materials and Education, [Trondheim, Norway] (2009.9.6-9).
  268. 'Titanium Production and Refining Process by Disproportionation of Titanium Dichloride in Molten Magnesium Chloride',
    T.Oi and T. H. Okabe:
    The 4th KIFEE Symposium on Environment, Energy, Materials and Education, [Trondheim, Norway] (2009.9.6-9).
    [Poster Presentation]
  269. '白金族金属の新しい分離・回収法の開発',
    湯川 剛、森田 一樹、岡部 徹:
    資源・素材2009(札幌)秋季大会, [北海道大学工学部、北海道札幌] (2009.9.9).
    [ポスター講演概要集, p.74].
    [ポスター発表]
  270. 'リサイクル総論',
    岡部 徹:
    北海道大学工学研究科材料科学専攻特別講演会,
    [北海道大学工学部, 北海道] (2009.9.10).
    [特別講演]
  271. '産業のビタミン~ レアメタルの現状と課題',
    岡部 徹:
    ATIS第305回(H21年9月度)例会・講演会,日立金属 高輪和彊(わきょう)館, 東京] (2009.9.17).
    [依頼講演]
  272. 'Na2O-SiO2-Al2O3系溶融酸化物中へのルテニウムの溶解挙動',
    首藤洋志, 岡部 徹, 森田 一樹:
    日本金属学会2009年秋季(第145回)大会 [京都大学, 京都] (2009.9.15-17). [講演概要集, p.460].
  273. '日本の資源戦略総括 ~ Value of Nature',
    岡部 徹:
    国際レアメタル&リサイクル研究会(IRRSG)2009年第3回例会,(メインテーマ「日本の資源戦略」)[学士会館, 東京] (2009.9.18).
    [依頼講演]
  274. 'Recent Topics on Titanium Production Processes',
    T. H. Okabe and, T. Oi:
    1st China-Japan Joint Forum on Energy and Environmental Issues for Metallurgical and Material Processes (Organized by National Engineering Laboratory for Vacuum Metallurgy, Kunming University of Science and Technology, & Japan International Research Centre for Sustainable Materials, University of Tokyo) , [Kunming, China] (2009.9.28)
  275. '「走るレアメタル」について' [依頼講演],
    岡部 徹:
    (社)自動車技術会, ハンドブック編集委員会, (EV(設計・ハイブリッド)編分冊小委員会にて話題提供17:00~18:00), [自動車技術会4階 第1会議室, 東京] (2009.10.5).
  276. '第1講・レアメタル入門',  '第2講・レアメタル応用編',
    岡部 徹:
    日本自動車解体技術研究会(代表:小松崇明),
    [東京大学生産技術研究所, 東京], (2009.10.7).
  277. 'ネオジム磁石の生産と磁石スクラップからのリサイクル',
    岡部 徹:
    サイエンス&テクノロジー株式会社・技術セミナー「レアアースの需給と回収・リサイクル技術の動向」
    [
    総評会館(千代田区駿河台) 5F 502, 東京] , (2009.10.27).
  278. 'レアメタルの現状と将来性について',
    岡部 徹:
    日本軽金属株式会社 蒲原工場にて講演
    [日本軽金属株式会社 蒲原工場, 静岡] (2009.10.30).
    [依頼講演]
  279. 'レアメタルの現状と日本の課題',
    岡部 徹:
    東京大学エグゼクティブマネジメントプログラム(東大EMP)講義および討論会(第3期プログラム)[東京大学,東京] (2009.11.7).
    [講義]
  280. '夢とロマンのチタン研究 ~20年間の苦労を振り返って~',
    岡部 徹:
    (社)日本チタン協会 平成21年度表彰式・記念講演会・懇親会(受賞講演:16時00分~16時40分), [学士会館, 東京], (2009.11.9).
    [受賞講演]
  281. 'レアメタルの実情と日本の課題',
    岡部 徹:
    エネルギー問題研究会,(講演:19時~21時, 平成21年11月30日(月)),[シーボニアメンズクラブ会議室, 東京] (2009.11.30).
    (本講演の読み起こし原稿:エネルギー問題研究会記録「エネ問研資料 No. 43」(11月30日 エネルギー総合推進委員会 (CEPP )))
    [依頼講演]
  282. 'Recent Topics on Titanium Production Processes',
    T. H. Okabe, and T. Oi:
    The 18th International Symposium on Processing and Fabrication of Advanced Materials (PFAM XVIII) (Organized by 176th Committee on Process Created Materials Function Japan Society for the Promotion of Science, Japan)[Sendai, Miyagi] (2009.12.13).
    [Invited Lecture]
  283. '未来素材:チタン、レアメタル',
    岡部 徹:
    埼玉県立浦和第一女子高等学校 出張授業, [埼玉県立浦和第一女子高等学校, 埼玉], (2009.12.19).
    [出張講義]
  284. 'レアメタルにまつわる誤解と問題',
    岡部 徹:
    第39回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2010.1.15).
  285. Titanium Recycling Process by Disproportionation of Titanium Subchloride in Molten Magnesium Chloride',
    T. Oi, and T. H. Okabe:
    The 139th TMS Annual Meeting, [Seattle, U.S.A.], (2010.2.17).
  286. 'New Process for Separation and Recovery of Platinum Group Metals',
    T. Yukawa, K. Morita, and T. H. Okabe:
    The 139th TMS Annual Meeting, [Seattle, U.S.A.], (2010.2.18).
  287. 'Dissolution Behavior of Ru into the Na2O-SiO2-Al2O3 Slag System',
    H. Shuto, T. H. Okabe, and K. Morita:
    The 139th TMS Annual Meeting, [Seattle, U.S.A.], (2010.2.18).
  288. '磁石合金スクラップから希土類元素を抽出・分離する新技術の開発',
    岡部 徹:
    環境省循環型社会形成推進科研費レアメタル特別枠委員会主宰シンポジウム
    「レアメタル再資源化総合システム評価技術開発」 東京大学生産技術研究所 大セミナー室 Dw601, 東京] (2010.3.15).
  289. 'レアメタルのリサイクル',
    岡部 徹:
    日本化学会第90春季年会(2010) (講演部門:T6B-未来を創る環境・資源テクノロジー, 発表日時:3月26日 14:30~15:10, 講演番号:1H7-34)[近畿大学本部キャンパス, 大阪] (2010.3.26).
    (講演後、パネルディスカッション:「資源を考慮した材料戦略」パネリスト:細野 秀雄・原田 幸明・太田 辰夫・岡部 徹・白鳥 寿一・玉田 正男, コーディネーター:中村 崇)
    [招待講演]
  290. '溶融シリケート中におけるルテニウムの溶解度と溶解機構',
    首藤 洋志, 岡部 徹, 森田 一樹:
    日本鉄鋼協会第159回春季講演大会(2010.3.28-30), [筑波大学, 茨城] (2010.3.29).
    [ポスターセッションアブストラクト集, p.9].
    [ポスター発表]
    *** 最優秀ポスター賞受賞 ***
  291. '貴金属・レアメタル製錬の基礎概論とリサイクルの関係',
    岡部 徹:
    財団法人国際資源大学校(秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館9-3)主宰、資源系人材育成事業 平成22年度 製錬・リサイクル研修/リサイクルコース, 東京大学生産技術研究所, 大セミナー室 Dw601, 東京] (2010.4.13).
    [依頼講義]
  292. '第1講 レアメタルリサイクルの現状と今後の展望',
    岡部 徹:
    NTSセミナー「ビジネスチャンスをつかめ!!!レアメタルの回収・リサイクルの最新動向」(主宰:株式会社エヌ・ティー・エス)2010年4月21日(水) [ホテル機山館地下会議室, 東京] (2010.4.21).
    [依頼講演]
  293. '走るレアメタルの現状と今後の展望',
    岡部 徹:
    社団法人自動車技術会2010年春季大会「特別フォーラム」、主宰:社団法人 自動車技術会 技術交流グループ(東京都千代田区五番町10-2 五番町センタービル5階), 2010年5月19日(水)[パシフィコ横浜 アネックスホールF201+F202, 神奈川] (2010.5.19). [500人規模の講演会]
    [依頼講演]
  294. '未利用レアアース元素の今後の利用可能性',
    岡部 徹:
    第6回レアアース安定供給確保ワーキンググループ会合・講演会
    主宰: JOGMEC本部内レアメタルフォーラム事務局、2010年5月21日(金) [住友不動産日比谷ビル12階、JOGMEC東京カンファレンスルーム 大会議室, 東京] (2010.5.21).
    [依頼講演]
  295. '資源の有効利用~今後重要となる非鉄金属を中心に~',
    岡部 徹:
    東京大学エグゼクティブマネジメントプログラム(中国版・東大EMP)講義および討論会(第2回中国EMP: 中国上級幹部日本研修プログラム)[東京大学, 東京] (2010.5.26).
    [講義]
  296. 'Fundamental Study for the New Recovery Process of Platinum Group Metals',
    K. Nose, A. S. Sunkar, K. Morita, T. H. Okabe:
    Sadoway60 Symposium, June 10 & 11, 2010, Lobby 10, Massachusetts Institute of Technology (MIT), [Cambridge, MA, USA], (2010.6.10).
    [Poster Presentation]
  297. 'An Outlook to Ruthenium and its Selective Recovery by a New Treatment ',
    A. S. Sunkar, K. Nose, K. Morita and T. H. Okabe:
    Sadoway60 Symposium, June 10 & 11, 2010, Lobby 10, Massachusetts Institute of Technology (MIT), [Cambridge, MA, USA], (2010.6.10).
    [Poster Presentation]
  298. 'レアメタルとリサイクル',
    岡部 徹:
    芝浦工業大学工学部 材料工学科 特別講義, (2010年6月18日, 13:00~14:30) [豊洲キャンパス研究棟10F, 東京) (2010.6.18).
    [特別講義]
  299. 'レアメタルの現状と日本の課題',
    岡部 徹:
    東京大学エグゼクティブマネジメントプログラム(東大EMP)講義および討論会(第4期プログラム)[東京大学,東京] (2010.6.19).
    [講義]
  300. '貴金属のリサイクル技術の新展開とレアメタルの将来性について',
    岡部 徹:
    第41回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2010.7.2).
  301. 'レアメタル乾式精錬',
    岡部 徹:
    レアメタルリサイクルに関する合同講演会-都市鉱山の有用性把握を資源性、安全性、経済性から評価し、将来の方向を議論する-, 廃棄物・資源循環学会(物質フロー研究部会), 廃棄物・資源循環学会(リサイクルシステム技術研究部会)〔共催〕, [日本大学理工学部駿河台校舎1号館2階121会議室, 東京] (2010.7.9) [レアメタルリサイクルに関する合同講演会予稿集, pp.91-98.].
    [依頼講演]
  302. '走るレアメタル~自動車レアメタルの現状と今後~',
    岡部 徹:
    レアメタルカンファレンス2010, (主催:メタルリサーチビューロ/サイエンス&テクノロジー) [浜松町メルパルク東京, 東京] (2010.7.13).
    [依頼講演]
  303. '走るレアメタルについて',
    岡部 徹:
    第8回次世代自動車・エネルギー委員会(委員長 小川 英之、開催日時:2010年7月13日(火)13:30~17:00) [自動車技術会4階 第2会議室, 東京] (2010.7.13)
    [依頼講演]
  304. 'レアメタル特論',
    岡部 徹:
    担当科目:マテリアル社会連携学I,
    (国立大学法人大阪大学非常勤講師として講義担当, 時間:13:00~17:00)
    [大阪大学吹田キャンパス, 大阪] (2010.7.16)
    [特別講義・集中講義]
  305. 'レアメタル',
    岡部 徹:
    第1回マイクロ部材機能創成・制御研究委員会(「省元素組織制御・表面硬化内部軟質部材の製造」 [東京大学 生産技術研究所, 東京] (2010.7.13).
    [依頼講演]
  306. 'レアメタル資源とリサイクル技術',
    岡部 徹:
    日本技術士会 化学部会 (演時間: 1時間30分, その後、討論会), [技術士会本部(神谷町),  東京] (2010.8.26).
    [依頼講演]
  307. 'レアメタルの現状と将来展望',
    岡部 徹:
    表面技術協会, 第122回講演大会(東北大学)、[東北大学川内キャンパス, 宮城], (2010.9.7). [講演要旨集, pp.293-296].
    [依頼講演]
  308. 'On the Titanium Reduction Processes',
    T. H. Okabe:
    Second International Round Table on Titanium Production in Molten Salts (Monday 20, September - Wednesday 22, September, Tromsø / Trondheim Norway), [Trondheim, Noray] (2010.9.20-22).
    (2010年9月2日(月)、船上にて発表)
  309. '未来材料:チタン・レアメタル',
    岡部 徹:
    2010年度冬学期「高校生のための金曜特別講座」第1回 [東京大学駒場Ⅰキャンパス 18号館ホール, 東京] (2010.10.18).
  310. 'レアメタルの現状とリサイクルについて' ,
    岡部 徹:
    平成22年度 3R先進事例発表会, (主催: 財団法人クリーン・ジャパン・センター), [科学技術館サイエンスホール, 東京] (2010.10.19). [特別講演]
  311. 'タンタルおよびニオブの現状と展望',
    岡部 徹:
    第2回タンタルセミナー(主催:キャボットスーパーメタル株式会社), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2010.11.18).
    [依頼講演]
  312. 'スカンジウムの資源と製錬と将来性について',
    岡部 徹:
    第43回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2010.11.19).
  313. 'レアメタルの現状とリサイクルの問題点',
    岡部 徹:
    次世代自動車の将来像(ロードマップ)に関するセミナー, [名古屋大学, 愛知] (2010.11.25).
    [依頼講演] .
  314. '自動車産業に不可欠なレアメタル~走るレアメタル~',
    岡部 徹:
    第20回学生による材料フォーラム (主催:日本金属学会・日本鉄鋼協会東海支部), [名古屋大学 シンポジオン, 愛知] (2010.11.25).
    [依頼講演・特別講演]
  315. 'レアメタルの現状と新たな製造技術の展望',
    岡部 徹:
    「サイテックサロン(SCI-TECH SALON)」(主宰: サイエンステクノフロンティアフォーラム, 代表世話人: 岸輝雄, (独)物質・材料研究機構顧問),[駒場ファカルティハウス(東京大学駒場キャンパス内), 東京] (2010.11.27).
    [依頼講演、キーノートスピーチ]
  316. 'グリーンイノベーション・省エネにおけるレアメタルの役割',
    岡部 徹:
    東京大学生産技術研究所サステイナブル材料国際研究センターシンポジウム, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2010.11.29).[講演概要あり]
  317. 'レアアースのリサイクルについて' [依頼講演],
    岡部 徹:
    有機・ナノ・冶金融合都市鉱山型新レアメタル抽出技術研究会, 第3回公開ワークショップ「レアアースを巡る新抽出技術, (主催:(独)物質・材料研究機構(NIMS)、元素戦略センター, 案内: 社団法人 未踏科学技術協会「エコマテリアル・フォーラム」, [(財)化学技術戦略推進機構2F第1、2会議室, 東京] (2010.12.1).
    [依頼講演]
  318. '走るレアメタル ~自動車産業に不可欠なレアメタル~',
    岡部 徹:
    東京レアアースカンファレンス2010, (主催: メタルリサーチビューロー), [学士会館, 東京] (2010.12.6).
     [依頼講演]
  319. '揺らぐレアメタル大国―“資源小国・日本”のグローバル戦略を問う',
    岡部 徹:
    Tokyo techno forum 21, (東京テクノ・フォーラム21,第134回研究交流会), [日本プレスセンター9階会議室, 東京] (2010.12.10).
    [依頼講演]
  320. 'レアメタルの現状と日本の課題',
    岡部 徹:
    東京大学エグゼクティブマネジメントプログラム(東大EMP)講義および討論会(第5期プログラム)[東京大学, 東京] (2010.12.11).
    [講義]
  321. '未来材料:レアメタルやレアアースってなに',
    岡部 徹:
    合同イブニング講演会(室蘭工業大学), 共催: 環境科学・防災研究センター、重点研究プロジェクト 「希土類に関連した再生可能エネルギー材料科学およびサスティナブル材料開発」, [室蘭工業大学A304教室, 北海道] (2010.12.14).
    [依頼講演]
  322. '走るレアメタル~自動車産業に不可欠なレアメタル~', ,
    岡部 徹:
    第4回 2011年みずほインベストメントコンファレンス東京, [ザ・プリンス パークタワー東京(芝), 東京] (2011.1.12).
    [依頼講演]
  323. '新素材開発と日本のレアメタル資源戦略', ,
    岡部 徹:
    21世紀播磨科学技術フォーラム 第40回セミナー (主催: 21世紀播磨科学技術フォーラム事務局), [姫路キャッスルホテル3階 錦の間, 兵庫] (2011.1.13).
    [依頼講演, 特別講演]
  324. 'レアメタル・レアアースの特性や我が国産業にとっての重要度', ,
    岡部 徹:
    外務省講演会, (外務省: 金属鉱物資源に関する「資源問題担当官会議」の勉強会, 外務省 経済局 経済安全保障課), [外務省, 東京] (2011.1.17).
    [依頼講演]
  325. 'レアメタルの現状とリサイクルの問題点~インジウムのリサイクルなどを例に~',
    岡部 徹:
    独立行政法人 日本学術振興会, 透明酸化物光・電子材料第166委員会・第51回研究会(平成23年1月28日開催), (学振166委員会「透明酸化物光・電子材料」の第51回研究会 (委員長 重里有三)), [青山学院大学青山キャンパス, 東京] (2011.1.28).
    [依頼講演]
  326. 'レアメタルの製造とリサイクルと環境破壊',
    岡部 徹:
    第7回環境ビジネス交流会, (主催:特定非営利活動法人環境立国),[caspa銀座, 東京] (2011.2.10).
    [依頼講演]
  327. 'Dissolution Behavior of Rhodium into Molten Slag',
    C. Wiraseranee, T. H. Okabe, and K. Morita:
    TMS 2011 140th annual meeting & Exhibtion, [San Diego, CA, USA] (2011.2.27-3.3) [Proceedings, pp.143-150].
  328. 'Dissolution Behavior of Rhodium into Molten Slag',
    C. Wiraseranee, T. H. Okabe, and K. Morita:
    The 6th Workshop on Reactive Metal Processing, [Pasadena, CA, USA] (2011.3.5)
    [Poster Presentation]
  329. 'Development of the new recycling process of platinum group metals '
    K. Nose, A. S. Sunkar, K. Morita, T. H. Okabe
    The 6th Workshop on Reactive Metal Processing, [Pasadena, CA, USA] (2011.3.5) [Poster Presentation]
  330. 'レアメタルにまつわる誤解',
    岡部 徹:
    ランチミーティング, (主催; 財務省 財務総合政策研究所 研究部), [財務省, 東京] (2011.3.10).
    [依頼講演]
  331. '磁石合金スクラップから希土類元素を抽出・分離する新技術の開発',
    岡部 徹:
    環境省循環型社会形成推進科研費 レアメタル特別枠委員会 公開シンポジウム, [東京大学生産技術研究所 大セミナー室 Dw601, 東京] (2011.3.14).
  332. 'Na2O-SiO2系及びCaO-SiO2系スラグ中へのロジウムの溶解挙動',
    Chompunoot Wiraseranee,Toru H.Okabe,and Kazuki Morita:
    日本鉄鋼協会第161回春季講演大会, (震災のため中止), [東京都市大学, 東京] (2011.3.1) [材料とプロセス, Vol.24, p.118].
    (鉄鋼協会(第161回春季講演大会)のアブストは存在: 材料とプロセスVol.24(2011), p.118)
  333. '原子力レアメタル',
    岡部 徹:
    臨時 生研サロン(4/1), (主催: 生産技術研究所 企画運営室), [東京大学生産技術研究所, 東京] (2011.4.1).
  334. '原子力レアメタル',
    岡部 徹:
    オムニバスレクチャー(臨時生研サロン拡大版)「東日本大震災をどのように理解するか、いまなにをなすべきか」, (主催: 生産技術研究所 企画運営室), [東京大学生産技術研究所An棟コンベンションホール, 東京] (2011.4.8).
  335. 'レアアースをはじめとするレアメタルの現状と問題',
    岡部 徹:
    (社)自動車技術会, 2011年春季大会フォーラム, 『サスティナブル社会と次世代自動車』 (社団法人自動車技術会, 次世代自動車・エネルギー委員会, 委員長: 小川英之), [パシフィコ横浜 会議センターメインホール, 神奈川] (2011.5.18).
    [依頼講演]
  336. 'レアメタルの現状とリサイクル技術', ,
    岡部 徹:
    「レアメタルリサイクル」セミナー, (リサイクル・環境の総合展示会「NEW環境展」の併催イベント), [東京ビックサイト, 東京] (2011.5.26).
    [依頼講演]
  337. '金属資源の物質フローに関する中長期展望', [依頼講演],
    岡部 徹:
    平成23年度 廃棄物資源循環学会研究討論会「金属資源の物質フローとリサイクル・廃棄物管理」, (主 催:一般社団法人 廃棄物資源循環学会), [川崎市産業振興会館, 神奈川] (2011.6.1).
    [依頼講演]
  338. 'レアアースをはじめとするレアメタルの現状と将来について',
    岡部 徹:
    駒場リサーチキャンパス公開 講演会・シンポジウム, 生研公開 2011(駒場リサーチキャンパス公開), [東京大学生産技術研究所An棟2階コンベンションホール,  東京] (2011.6.4) [生産研究, vol. 63, no.5 (2011), pp.75-87.に講演内容を掲載].
  339. 'レアアースと日本の未来',
    岡部 徹:
    ポトマック・クラブ (主催者: 高島肇久), [半蔵門グランドアーク3階トパーズ, 東京] (2011.6.8).
    [依頼講演]
  340. 'レアアースをはじめとするレアメタルの現状と将来',
    岡部 徹:
    高分子同友会, 第114回研究開発部会, (社団法人高分子学会 高分子同友会事務局), [高分子学会会議室, 東京] (2011.6.10).
    [依頼講演]
  341. 'レアメタル特論',
    岡部 徹:マテリアル社会連携学I, (国立大学法人大阪大学非常勤講師として講義担当), [大阪大学吹田キャンパス, 大阪] (2011.6.23)
    [特別講義・集中講義]
  342. 'リアクティブメタル(活性金属)の将来性について+チリ・ボリビアのレアメタル鉱山の視察報告, Part 1: アタカマ塩湖・ウユニ塩湖など',
    岡部 徹:
    第45回レアメタル研究会, [京大学生産技術研究所An棟コンベンションホール, 東京] (2011.6.29).
  343. 'レアメタルの現状と将来展望', ,
    (Current Status of Rare Metals and Scope for the Future)
    岡部 徹:
    電気学会, 特別講演(電気学会E部門), (電気学会E部門 (センサ・マイクロマシン部門, 電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会の実行委員会), [東京工業大学すずかけ台キャンパス, 神奈川] (2011.6.30).
    [特別講演]
  344. 'レアメタル概論-製錬技術・サステイナビリティ-' ,
    岡部 徹:
    日本化学会 懇話会「レアメタルのサステイナビリティ」, [化学会館, 東京] (2011.7.1). [依頼講演]
  345. 'Current Status of Technologies for Recycling Rare Earth Metals and Alloys' [Keynote Address]
    T. H. Okabe:
    “Sustainability Symposium”: Symposium on: Sustainable Materials, Processes & Technologies: Future pathways for reducing greenhouse gas impacts of materials, (Co-Organisers: University of Kyoto, and The University of Tokyo, Institute of Industrial Science, International Research Centre for Sustainable Materials, and The University of New South Wales, Centre for Sustainable Materials Research & Technology, SMaRT@UNSW), [UNSW Kensington lower campus, Australia] (2011.7.7).
    [Keynote Lecture]
  346. 'レアアース、レアメタル事情',
    岡部 徹:
    シドニー日本商工会議所 化学品燃料部会および資源部会の共同開催の講演会・交流会, (幹事・ホスト: オーストラリア住友商事 営業第一部 部長小西英登氏),  [レストラン「北海海道」(個室) (20 Loftus Street, Circular Quay), Australia]
    [依頼講演]
  347. '原子力レアメタル',
    岡部 徹:
    第46回レアメタル研究会(平成23年7月26日(火)), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2011.7.26).
  348. '物理選別法を利用したスクラップからの白金族金属の新規リサイクル技術の開発',
    三井 淳平、野瀬 勝弘、岡部 徹:
    資源・素材学会 関東支部 第8回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会,
    [東京大学浅野キャンパス・武田先端知ビル、東京] (2011.8.4).
    [ポスター発表]
    *** 優秀ポスター賞受賞 ***
  349. 'レアメタルリサイクル技術開発で期待される計測・分析技術',
    岡部 徹:
    講演分析展2011科学機器展2011・JAIMAコンファレンス, 「循環型社会の構築を促進する分析技術/機器の動向調査」, (主催: (社)日本分析機器工業会), [幕張メッセ104会議室, 千葉] (2011.9.9).
    (Importance of analytical/measuring technique for the development of recycling technology of rare metals)
    [依頼講演]
  350. 'Development of New Recycling Process for Platinum Group Metals',
    Katsuhiro Nose, and Toru H. Okabe:
    NRF-JST (Japan-South Africa) Workshop, [Protea Hotel in Stellenbosch, South Africa] (2011.9.12).
    [依頼講演]
  351. 'レアメタルの現状と問題点について',
    岡部 徹:
    表面技術協会 めっき部会(9月16日 (金))9月例会, (テーマ:レアメタルの用途と資源循環及びその課題, 表面技術協会), (主催 (一社)表面技術協会 めっき部会), [ルーテル市ヶ谷センター 第1・2会議室, 東京] (2011.9.16)
    [依頼講演]
  352. 超合金についての簡単な解説と実演(5分),
    岡部 徹:
    クリスマスレクチャー・イン・ジャパン~世界の英知が説く科学, (英ロンドン大学のマーク・ミオドニック教授が、「英国科学実験講座」として、子どもたちに科学の本質、科学する考え方を伝えるために行った講義。この中で、数分、超合金の実演と解説を行った。), [東京大学安田講堂, 東京] (2011.9.18).
    [2011年12月24日(土), 15:00~16:00, NHK, Eテレで講義の内容の収録を科学教育番組として再編集し放映した。]
    [依頼出演]
  353. 'Rh Dissolution Behavior in the Na2O-SiO2 and the CaO-SiO2 Slag Systems ',
    C. Wiraseranee, T.H. Okabe and K. Morita:
    The 161st ISIJ Meeting [Osaka, Japan](2011.3.25-27) [2011CAMP-ISIJ, 24 (2011), p. 118].
  354. '物理選別法を利用したスクラップからの白金族金属の新規リサイクル技術の開発',
    三井 淳平、野瀬 勝弘、岡部 徹:
    平成23年度資源・素材関係学協会合同秋季大会, [大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 大阪] (2011.9.28) [若手ポスター発表PY-63, p.78].
    [ポスター発表]
  355. '白金族金属のリサイクル技術の現状と展望',
    野瀬 勝弘, スンカル アフメット セミヒ, 森田 一樹, 岡部 徹:
    平成23年度資源・素材関係学協会合同秋季大会, [大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 大阪] (2011.9.28) [企画発表・一般発表(B)(C)講演資料 pp.82-85].
  356. 'チリ・ボリビアのレアメタル鉱山の視察報告, Part 2: ボリビア・サンクリストバル亜鉛(・鉛・銀)鉱山、ポトシ銀(・鉛・亜鉛)鉱山',
    岡部 徹:
    第47回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2011.9.30).
  357. 'Development of New Process for Recycling of Platinum Group Metals',
    K. Nose, K. Morita and T. H. Okabe:
    第47回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2011.9.30).
    [ポスター発表]
  358. '物理選別法を利用したスクラップからの白金族金属の新規リサイクル技術の開発', ('Development of a new recovery process of PGMs from scrap by using physical separation method' ),
    J. Mitsui, K. Nose and T. H. Okabe:
    第47回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2011.9.30).
    [ポスター発表]
  359. 'ガリウム化合物の新規リサイクル法の開発', ('Development of new recycling process of Ga metal from Ga compounds' ),
    H. Yamabe and T. H. Okabe:
    第47回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2011.9.30).
     [ポスター発表]
  360. 'レアメタル回収・抽出技術の現状と解決すべき問題点等',
    岡部 徹:
    財団法人 大阪科学技術センター(OSTEC)地球環境技術推進懇談会 第3回講演会 (産学官連携事業の懇談会), (主催: 大阪科学技術センター), [大阪科学技術センター, 大阪] (2011.10.3).
    [招待講演]
  361. 'レアアースの製品化とリサイクルに伴う諸問題と将来展望',
    岡部 徹:
    オーガナイザ: 産業技術総合研究所(産総研シンポ):グリーンエネルギー転換に必須な資源”レアアース”, [産業技術総合研究所, 筑波] (2011.10.13).
    [依頼講演]
  362. 'チタン製錬技術の基礎と今後の展望 ',
    岡部 徹:
    新日本製鐵株式会社での勉強会, [新日本製鐵本社, 東京] (2011.10.25).
    [依頼講演]
  363. 'レアメタルの現状と課題', [基調講演]
    岡部 徹:
    日本金属学会秋期大会公募シンポジウムS8, レアメタルの材料戦略, [沖縄] (2011.11.8).
    [基調講演]
  364. 'レアメタルのリサイクル',
    岡部 徹:
    東北大学多元物質科学研究所 第20回素材工学研究懇談会, テーマ:分離操作と高純度精製, [片平さくらホール(2F講義室), 仙台] (2011.11.14).
    [依頼講演]
  365. 'レアメタルの現状と日本の課題',
    岡部 徹:
    レアメタル資源の現状と将来動向ならびに代替材料の開発に関するシンポジウム(学振125シンポ), (主催団体:(独)日本学術振興会 光電相互変換第125委員会, 組織委員会責任者:中西 洋一郎 静岡大学電子工学研究所・特任教授), [明治大学駿河台キャンパス 紫紺館, 東京] (2011.11.17).
    [基調講演]
  366. 'トリウム原子力',
    岡部 徹:
    生研イブニングフォーラム(11/18)開催, 生産技術研究所 企画運営室主催, [東京大学生産技術研究所 C棟2F笠岡ラウンジ, 東京] (2011.11.18).
  367. 'レアメタルの現状と問題',
    岡部 徹:
    東京・南関東支部フォーラム:「レアメタル代替・低減技術への挑戦」~資源のない日本のものづくり戦略~,  (主催:日本塑性加工学会東京・南関東支部),  [明治大学駿河台校舎アカデミーコモン, 東京] (2011.11.22).
    [依頼講演]
  368. 'タンタルをはじめとするレアメタルの最近の動向と将来展望',
    Recent Situation and Future Scope of Rare Metals Including Tantalum.
    岡部 徹:
    第3回タンタルセミナー, (主催: 東京大学生産技術研究所 岡部 徹 教授, キャボットスーパーメタル株式会社), [東京大学生産技術研究所, 東京] (2011.11.24).
  369. 'Disolution Behavior of Platinum Group Metals into Molten Slags',
    K. Morita, T. H. Okabe and N.Sano:
    Fray International Symposium, [Cancun, Mexico], (2011.11.29).
  370. 'レアメタルの資源問題と対応',
    岡部 徹:
    東京大学産学連携本部主催 第22回科学技術交流フォーラム「金属資源循環の課題と安定供給に向けて―資源クライシスに備えて―」, [東京大学本郷キャンパス(浅野地区)武田先端知ビル, 東京] (2011.12.7).
    [基調講演]
  371. '産業のビタミン~レアメタルの現状と課題',
    岡部 徹:
    日立技術情報サービスでの講演(依頼者:新藤氏), [ (株)日立技術情報サービス 本社, 東京] (2011.12.8).
    [依頼講演]
  372. 'レアアースの分離・回収技術の現状ならびにネオジム磁石スクラップのリサイクル',
    岡部 徹:
    (株)技術情報センター セミナー部主催「レアアース(希土類)およびネオジム磁石の回収・リサイクルの最新動向」, [東京新お茶の水 総評会館4F会議室, 東京] (2011.12.15).
    [依頼講演]
  373. 'チリ・ボリビアのレアメタル鉱山の視察報告, Part 3: チキカマタ銅(・モリブデン)鉱山',
    岡部 徹:
    第49回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2012.1.13).
  374. '触媒用レアメタルの資源・需給・製錬・リサイクルの動向',
    岡部 徹:
    第6回工業触媒研究会フォーラム(主催 触媒学会工業触媒研究会), [(公社)日本化学会 化学会館ホール, 東京] (2012.1.19).
    [依頼講演]
  375. 'レアアースの乾式製錬とリサイクル',
    岡部 徹:
    シンポジウム「リサイクル設計と分離精製技術」(第24回:レアアースの安定確保に資する分離・精製技術, (主催: 環境資源工学会), [新橋住友ビル大会議室, 東京] (2012.2.10).
    [依頼講演]
  376. '鉱物資源の安定供給確保に向けた取組',
    岡部 徹:
    外務省在外公館戦略会議(外務省 経済局経済安全保障課主催), [外務省, 東京] (2012.2.22).
    [依頼講演]
  377. 'Development of New Recycling Process of PGMs',
    T. H. Okabe, J. Mitsui, K. Nose:
    T.T. Chen Honorary Symposium on Hydrometallurgy, Electrometallurgy and Materials Characterization, TMS 2012 141th annual meeting & Exhibtion, [Orlando, FL, USA] (2012.3.14).
  378. 'Development of New Recycling Process for Platinum Group Metals',
    K. Nose and T. H. Okabe:
    The 7th Workshop on Reactive Metal Processing, (March 16 & 17, 2012, Massachusetts Institute of Technology (MIT)), [Cambridge, MA, USA] (2012.3.16).
  379. 'Upgrading Ti Ore by Selective Chlorination',
    J. Kang and T. H. Okabe,
    The 7th Workshop on Reactive Metal Processing, (March 16 & 17, 2012, Massachusetts Institute of Technology (MIT)), Cambridge, MA, USA] (2012.3.17).
    [Poster Presentation]
  380. 'Development of a new recovery process of PGMs from scraps by using physical separation ',
    J. Mitsui, K. Nose and T. H. Okabe
    The 7th Workshop on Reactive Metal Processing, (March 16 & 17, 2012, Massachusetts Institute of Technology (MIT)), [Cambridge, MA, USA] (2012.3.17).
    [Poster Presentation]
  381. 'レアメタルの環境調和型リサイクル技術の開発 ~最先端・次世代研究開発支援プログラム (JSPS NEXT Program)~ ',
    岡部 徹:
    第50回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2012.3.23)
  382. '資源を考慮した材料戦略(パネルディスカッション)',
    岡部 徹 他:
    日本化学会 春季大会, APTシンポジウム, 部門T4 “未来を創る環境・資源テクノロジー”(パネルディスカッション“資源を考慮した材料戦略”, (パネリスト: 佐川 眞人・田中 幹也・美濃輪 武久・宇田 哲也・竹田 修, コーディネーター: 岡部 徹), [慶應義塾大学日吉校舎, 神奈川] (2012.3.27).
    (招待講演: Nd磁石から考えるエネルギー・材料戦略(信越化学工業 磁性材料研究所) 美濃輪 武久 (10:20~11:00)の代理講演も行った)
  383. 'チリにおける非鉄金属産業の紹介~世界有数の銅(・モリブデン)鉱山および製錬所やリチウム、チリ硝石の生産地について~',
    岡部 徹:
    ミゲル・フアン・セバスティアン・ピニェラ・エチェニケ, チリ大統領の講演会の後の関連分野3講演会, [東京大学弥生講堂一条ホール, 東京] (2012.3.28).
    [依頼講演]
  384. '資源からメタルへ- レアメタル',
    岡部 徹:
    第7 回 技術フォーラム, 「エネルギーと資源について考える- これからの日本の進むべき道- 」, (主催: 先端エネルギー変換工学寄付研究部門 (AECE)), [東京大学伊藤国際学術研究センター(東京大学本郷キャンパス, 赤門横), 東京])(2012.5.18)
    [依頼講演]
  385. 'Effect of Slag Composition on the Solubility of Rh in Molten Silicate Slags ',
    C. Wiraseranee, T. Yoshikawa, T. H. Okabe, and K. Morita:
    The 9th International Conference on Molten Slags, Fluxes and Salts (MOLTEN12), (May 27-30, 2012), [Beijing, China] (2012.5.28)
    [Keynote Lecture]
  386. 'Current Status of Technologies for Recycling Rare Earth Metals',
    T. H. Okabe:
    The 9th International Conference on Molten Slags, Fluxes and Salts (MOLTEN12), (May 27-30, 2012), [Beijing, China] (2012.5.29)
    [Keynote Lecture]
  387. 'レアメタル資源の現状と新製造法・リサイクル技術の最新動向',
    岡部 徹:
    三井業際研講演会, [三井業際研究所 大会議室, 東京] (2012.6.20).
    [依頼講演]
  388. ‘Upgrade of Titanium Ore by Selective Chlorination’,
    J. Kang and T. H. Okabe,
    The 11th GMSI-COSM-UT2 Workshop, (June 18-21, 2012), [The University of Tokyo, Tokyo] (2012.6.21)
  389. 'エネルギー関連レアメタル~原子力、再生可能エネルギーなど~',
    岡部 徹:
    エネルギー問題研究会, [シーボニア・メンズ・クラブ 日比谷中日ビル1F, 東京] (2012.6.25)
    [依頼講演]
  390. 'レアメタル分離技術(2):乾式分離・回収',
    岡部 徹:
    化学工学会関東支部主催講演会シンポジウム「レアメタル分離・回収技術と循環型社会」, [東京大学山上会館, 東京] (2012.7.6)
    [依頼講演]
  391. 'レアメタル特論',
    岡部 徹:
    2012年度室蘭工業大学特別講義, 先進マテリアル工学概論/資源循環工学特論(4コマ)の講義の一環として, [室蘭工業大学, 北海道] (2012.7.21).
    [特別講義・集中講義]
  392. 'Becoming a tough and global researcher ',
    T. H. Okabe:
    2012 GMSI Summer Camp, (2012 Summer Camp for the Global Center of Excellence for Mechanical Systems Innovation), [Laforet Shuzenji Resort, Izu Peninsula, Japan] (2012.7.27)
    [Invited lecture]
  393. '‘Upgrade of Titanium Ore by Selective Chlorination using Metal Chlorides’,
    J. Kang and T. H. Okabe:
    資源・素材学会 関東支部 第9回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会,
    [東京大学浅野キャンパス・武田先端知ビル, 東京] (2012.8.1).
    [ポスター発表]
  394. 'レアメタル・レアアースの採掘・製錬による汚染の実態と環境修復について~Value of Nature の考え方に基づく環境経済の視点説明も含む~',
    岡部 徹:
    講演会, (幹事:東洋エンジニアリング株式会社), [東洋エンジニアリング東京本社, 新丸ビル11F, 東京] (2012.8.10)
    [依頼講演]
  395. 'レアメタルの最近の動向と将来展望について',
    岡部 徹:
    三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社での話題提供, [三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社, 三菱ビルヂング4F, 東京] (2012.8.20)
    [依頼講演]
  396. '選択塩化法による低品位チタン鉱石のアップグレード',
    姜 正信, 岡部 徹:
    平成24年度資源・素材関係学協会合同秋季大会, (資源・素材2012(秋田)),
    [秋田大学手形キャンパス, 秋田] (2012.9.13).
  397. '白金族金属のアノード溶解に関する基礎的研究',
    野瀬 勝弘, 岡部 徹:
    平成24年度資源・素材関係学協会合同秋季大会, (資源・素材2012(秋田)),
    [秋田大学手形キャンパス, 秋田](2012.9.13).
  398. 'Upgrade of Titanium Ore by Selective Chlorination Using Calcium Chloride',
    J. Kang, and T. H. Okabe:
    The 4th Asian Conference on Molten Salt Chemistry and Technology, and 44th Symposium on Molten Salt Chemistry, (September 23-27), [Matsushima, Japan] (2012.9.25).
  399. 'Development of environmentally sound recycling process for platinum group metals',
    K. Nose, and T. H. Okabe:
    International Union of Materials Research Societies
    – International Conference on Electronic Materials 2012 (IUMRS-ICEM2012), (Sep. 23-28), [Yokohama, Japan] (2012.9.27)
  400. 'レアメタルの最近の話題~放射性物質などを含む廃棄物の問題について~',
    岡部 徹:
    第52回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2012.9.28).
  401. 'Current Status of Technologies for Recycling Rare Earth Metals',
    T. H. Okabe:
    Eighteenth International Symposium on Molten Salts and Ionic Liquids at the ECS (The Electrochemical Society), (2012.10.8-10.12), (“Electrochemistry and Electrodeposition involving Ionic Liquids and Molten Salts” session), [Hawaii, USA] (2012.10.11)
    [Invited, Keynote Lecture]
  402. 'New process for recycling platinum-group metals by physical separation',
    A. Suzue, and T. H. Okabe:
    The 8th UT-SNU-TU-TJU Student Workshop, (student session), [Tianjin University, China] (2012.10.17-10.21).
  403. 'Development of Environmental Sound Recycling Process for Platinum Group Metals',
    K. Nose, and T.H. Okabe:        
    The 1st KOREA-JAPAN Symposium on Rare Metals Recycling & The 3rd Rare Metal Industry Development Forum, [Hotel President, Brahms Hall (19th floor), Seoul, Korea] (2012.10.30).
    [Invited Lecture]
  404. 'レアメタルの最近の話題',
    Recent Situation of Rare Metals.
    岡部 徹:
    第4回タンタルセミナー, (主催: 東京大学生産技術研究所 岡部 徹 教授, グローバルアドバンストメタルジャパン(株)), [東京大学生産技術研究所 大会議室, 東京] (2012.10.25).
    [依頼講演]
  405. 'レアメタル特論',
    岡部 徹:
    2012年度名古屋工業大学特別講義, '物質工学特別講義Ⅱ/レアメタル概論(後期 集中講義), [名古屋大学, 愛知] (2012.11.2).
    [特別講義・集中講義]
  406. 'レアアースの現状とリサイクル技術',
    岡部 徹:
    日本希土類学会第30回講演会・30周年記念国際シンポジウム, [沖縄ハーバービュークラウンプラザ, 沖縄] (2012.11.8).
    [依頼講演]
  407. '今後のチタン産業はどうあるべきか?',
    岡部 徹 他: 日本チタン協会創立60周年記念大会/パネルディスカッション, (主催: 一般社団法人 日本チタン協会 (会長 西澤 庄藏)), (パネラー:官代表:経済産業省製造産業局非鉄金属課課長 及川洋、学代表:東京大学教授 岡部徹、産代表:(上工程)邦チタニウム取締役副社長 渡辺伸一,(下工程)株式会社神戸製鋼所 理事・チタン本部長 岡野正之), [学士会館, 東京] (2012.11.19).
    [パネラー発言・話題提供]
  408. 'レアメタルを中心に今後の世界状況を考える',
    岡部 徹:
    三井住友銀行主催のセミナー, [軽井沢プリンスホテル, 長野] (2012.11.23)
    [依頼講演]
  409. 'レアメタルの現状と問題点について',
    岡部 徹:
    株式会社TYK(登記社名 東京窯業株式会社)主催のセミナー, [TYK明智工場, 岐阜] (2012.11.29).
    [依頼講演]
  410. 'Current Status of Technologies for Rare Metal Recycling',
    T. H. Okabe:
    UK-Japan Rare Material Research Workshop (「日英 レア・マテリアル研究 ワークショップ」,駐日英国大使館主催) (Organized by British Embassy for UK delegates, (2012.12.11-12)), [British Embassy Tokyo, Tokyo] (2012.12.11).
    [依頼講演]
  411. 'Extraction of Rare Earth Metals',
    T. H. Okabe:
    UK-Japan Rare Material Research Workshop (「日英 レア・マテリアル研究 ワークショップ」,駐日英国大使館主催) (Organized by British Embassy for UK delegates, (2012.12.11-12)), [British Embassy Tokyo, Tokyo] (2012.12.11).
    [依頼講演]
  412. 'レアメタルの化学分離,
    岡部 徹 他:
    平成24年度 循環型社会形成推進研究発表会ー東京会場:公開シンポジウム「レアメタルの収集システムと選別・分離技術」(環境省循環型社会形成推進研究発表会/パネルディスカッション)(環境省循環型社会形成推進研究科学研究費の報告会を兼ねる), (主催: 一般財団法人 日本環境衛生センター), [中央大学駿河台記念館, 東京] (2012.12.14).
    [基調発言・話題提供・パネラー発言]
  413. '貴金属製錬の基礎概論とリサイクルの関係~金銀製錬、PGM製錬リサイクル事例',
    岡部 徹:
    一般財団法人 国際資源大学校, 製錬リサイクル研修・リサイクルコースの講義, [パールホテル茅場町 B1会議室, 東京] (2012.12.18).
    [依頼講義]
  414. '高温における酸化物の塩化反応に関する熱力学的考察',
    岡部 徹、姜 正信:
    第180回溶融塩委員会役員会, [けやき会館, 千葉大学西千葉キャンパス, 千葉] (2013.1.24).
    [依頼講演]
  415. '非鉄金属産業と日本が誇るレアメタルの製錬・リサイクル技術',
    岡部 徹:
    非鉄金属資源循環工学寄付研究部門 開設記念シンポジウム:非鉄金属産業が支える非鉄金属・レアメタルの循環, [東京大学 先端科学研究所 3号館S棟1階 ENEOS ホール, 東京] (2013.1.25).
  416. '東大生研におけるレアメタル研究会の活動',
    岡部 徹:
    日本学術振興会  素材プロセシング第69委員会(委員長:山口 周 教授)
    産学官連携促進小委員会 [第9回] 研究会, (テーマ「産学連携の現状と課題」), [東京大学 本郷キャンパス 山上会館, 東京] (2013.1.31).
    [依頼講演]
  417. 'レアメタルをはじめとするサステイナブル材料の今後の展望',
    岡部 徹:
    室蘭工業大学 環境調和材料工学研究センター開設記念講演会, (「国内関連研究機関による環境調和材料への取組み」), [蓬崍殿, 北海道] (2013.2.2).
    [基調講演]
  418. '鉱物資源の現状と課題',
    岡部 徹:
    外務省在外公館戦略会議, (外務省:鉱物資源とエネルギーに関する担当官の勉強会, 外務省 経済局 経済安全保障課, [外務省, 東京] (2013.2.13).
    [依頼講演]
  419. 'レアメタルの乾式製錬・リサイクル技術',
    岡部 徹:
    環境資源工学会 シンポジウム「リサイクル設計と分離精製技術」, (第26回シンポジウム:レアメタルリサイクルの新展開, [新橋住友ビル大会議室, 東京] (2013.2.21).
    [依頼講演]
  420. 'チタン製錬と環境問題',
    岡部 徹、姜 正信:
    新日鐵住金株式会社での勉強会, [新日鐵住金株式会社本社(丸の内南), 東京] (2013.2.27).
    [依頼講演]
  421. 'Upgrade of Titanium Ore by Selective Chlorination',
    J. Kang, and T. H. Okabe:
    4th International Symposium on High-Temperature Metallurgical Processing , 2013 TMS Annual Meeting & Exhibition, [Henry B. Gonzalez Convention Center, San Antonio, TX, USA] (2013.3.6).
  422. 'Fundamental study on anodic dissolution behavior of platinum group metals',
    K. Nose, T. H. Okabe:
    High Temperature Electrochemistry, 2013 TMS Annual Meeting & Exhibition, [Henry B. Gonzalez Convention Center, San Antonio, TX, USA] (2013.3.4).
  423. 'Development of New Recovery Process for Rare Metals from Cemented Carbide Scraps',
    K. Matsutani, Y. Taninouchi, T. H. Okabe:
    The 8th Workshop on Reactive Metal Processing, [MIT, Cambridge, MA, USA] (2013.3.8).
    [Poster Presentation, Short Oral Presentation]
  424. 'Dry Recycling Process of Rare Earth Elements from Alloy Magnets',
    K. Nishimura, T. H. Okabe:
    The 8th Workshop on Reactive Metal Processing, [MIT, Cambridge, MA, USA] (2013.3.8).
    [Poster Presentation, Short Oral Presentation]
  425. 'Fundamental Study on Anodic Dissolution Behavior of Platinum Group Metals in NaCl-KCl Fused Salt',
    K. Nose, T. H. Okabe:
    The 8th Workshop on Reactive Metal Processing, [MIT, Cambridge, MA, USA] (2013.3.8).
    [Poster Presentation, Short Oral Presentation]
  426. 'New Recycling Process of PGMs from Autoscraps',
    A. Suzue, Y. Taninouchi, T. H. Okabe:
    The 8th Workshop on Reactive Metal Processing, [MIT, Cambridge, MA, USA] (2013.3.8).
    [Poster Presentation, Short Oral Presentation]
  427. 'Thermodynamics of Rhodium and Platinum in Molten Slags',
    C. Wiraseranee, T. Yoshikawa, T. H. Okabe, K. Morita:
    The 8th Workshop on Reactive Metal Processing, [MIT, Cambridge, MA, USA] (2013.3.9).
  428. 'Iron Removal from Titanium Ore to Prepare Titanium Dioxide through Selective Chlorination',
    J. Kang, T. H. Okabe:
    The 8th Workshop on Reactive Metal Processing, [MIT, Cambridge, MA, USA] (2013.3.9).
  429. 'Recycling Rare Earth Metals', [Invited Lecture]
    Toru H. Okabe:
    Dr. C. Stewart Parson Memorial Lecutre Series, (15:00-, Room B310, Mar. 11 (Mon.), 2013), Dalhousie University, Faculty of Engineering, Halifax, Canada, (2013.3.11)
  430. 'レアメタルの採掘や製錬に伴って生じるNORMなどを含む廃棄物について',
    岡部 徹:
    第55回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2013.3.22).
  431. '溶融スラグ中におけるロジウム及び白金の熱力学',
    C. Wiraseranee, 吉川 健, 岡部 徹, 森田 一樹:
    第55回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2013.3.22).
    [ポスター発表、ショートプレゼンテーション]
  432. '自動車排ガス触媒から白金族金属を回収する新たなプロセスの開発',
    鈴江 彰也, 谷ノ内 勇樹, 岡部 徹:
    第55回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2013.3.22).
    [ポスター発表、ショートプレゼンテーション]
  433. '金属塩化物を用いた選択塩化法によるチタン鉱石の脱鉄による酸化チタンの製造',
    J. Kang, T. H. Okabe:
    第55回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2013.3.22).
    [ポスター発表、ショートプレゼンテーション]
  434. '超硬工具スクラップからのレアメタルの回収技術の開発',
    松谷 康平, 谷ノ内 勇樹, 岡部 徹:
    第55回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2013.3.22).
    [ポスター発表、ショートプレゼンテーション]
  435. '溶融塩電解を利用した白金族金属の新規溶解プロセスの基礎的研究',
    野瀬 勝弘, 岡部 徹:
    第55回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2013.3.22).
    [ポスター発表、ショートプレゼンテーション]
  436. '合金磁石からの希土類元素の乾式リサイクルプロセス',
    西村 啓吾, 岡部 徹:
    第55回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2013.3.22).
    [ポスター発表、ショートプレゼンテーション]
  437. 'チタンスクラップの新規リサイクル手法の開発に向けた塩化メカニズムの解明',
    吉村 彰大, 谷ノ内 勇樹, 岡部 徹:
    第55回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2013.3.22).
    [ポスター発表、ショートプレゼンテーション]
  438. 'MgCl2を用いた選択塩化法による低品位チタン鉱石のアップグレード',
    姜 正信, 岡部 徹:
    一般社団法人資源・素材学会 平成25年度春季大会, [千葉工業大学,千葉] (2013.3.29).
  439. 'タンタルに関する現状',
    岡部 徹:
    レアメタル資源制約を踏まえた次世代型エネルギー技術調査専門委員会(第三回の専門調査委員会),  [日本交通協会 特別会議室, 東京] (2013.4.22).
  440. 'チタン製錬の今後の展開に関するプロセス原理からの考察',
    岡部 徹, 姜 正信:
    シンポジウム「チタン製錬技術の革新を目指して」(主催: (一社) 日本チタン協会 産学連携委員会 [新日鐵住金(株)本社 丸の内パークビル9F会議室, 東京] (2013.5.8).
  441. '選択塩化法によるチタン鉱石のアップグレードとその反応解析',
    姜 正信, 岡部 徹:
    シンポジウム「チタン製錬技術の革新を目指して」(主催: (一社) 日本チタン協会 産学連携委員会) [新日鐵住金(株)本社 丸の内パークビル9F会議室, 東京] (2013.5.8).
  442. '走るレアメタル:自動車用レアメタルの現状と課題',
    岡部 徹:
    豊田中央研究所での特別講演, [豊田中央研究所, 愛知] (2013.5.16).
    [依頼講演]
  443. 'Development of Selective Chlorination Process for Upgrading Titanium Ore and Thermodynamic Analysis of Chlorination Reactions',
    J. Kang and T. H. Okabe,
    The 12th Annual COSM- UT2 Graduate Student Workshop “Materials for Sustainability”, (June 5-6, 2013), [University of Toronto, Toronto, Canada] (2013.6.5)
  444. 'An Introduction to IRCSM and Recent Developments in Recycling Processes for Rare Metals', [Keynote Lecture]
    Y. Taninouchi and T. H. Okabe,
    The 12th Annual COSM- UT2 Graduate Student Workshop “Materials for Sustainability”, (June 5-6, 2013), [University of Toronto, Toronto, Canada] (2013.6.6)
  445. ‘New Recycling Process for PGMs by Utilizing Electroless Plating and Magnetic Separation’,
    A. Suzue, Y. Taninouchi, and T. H. Okabe,
    The 12th Annual COSM- UT2 Graduate Student Workshop “Materials for Sustainability”, (June 5-6, 2013), [University of Toronto, Toronto, Canada] (2013.6.6)
  446. 'レアアースのグリーン・リサイクル技術の開発', [受賞講演]
    岡部 徹, 岡本 正英, 白山 栄, 竹田 修, 梅津 良昭:
    第2回JACI/GSCシンポジウム(第13回GSCシンポジウム, 公益社団法人 新化学技術推進協会(JACI)), [メルパルク大阪, 大阪] (2013.6.7).
    (講演予稿: 予稿集 p.17 (S4-3))
    *** 第12回グリーン・サステイナブル ケミストリー賞(GSC賞) 環境大臣賞(2013)受賞 ***
  447. 'レアアースのグリーン・リサイクル技術の開発', [ポスター発表]
    岡部 徹, 岡本 正英, 白山 栄, 竹田 修, 梅津 良昭:
    第2回JACI/GSCシンポジウム (第13回GSCシンポジウム), 公益社団法人 新化学技術
    推進協会(JACI)), [メルパルク大阪, 大阪] (2013.6.7).
    (講演予稿: 予稿集 p.154 (B-28))
  448. 'Current Status of Technologies for Recycling Rare Earth Metals', [Keynote Lecture]
    T. H. Okabe:
    The 11th Japan / Korea International Symposium on Resources Recycling and Materials Science (Osaka, Japan, June 17 - June 19, 2013, Kansai University Centenary Memorial Hall), (第11回資源リサイクルと材料科学に関する日韓国際シンポジウム) (環境資源工会第130回例会とのジョイントシンポジウム, [関西大学100周年記念会館, 大阪] (2013.6.18).
  449. 'Iron Removal from Titanium Ore for Titanium Dioxide Production by Selective Chlorination Using Metal Chlorides', [Poster Presentation]
    J. Kang, T. H. Okabe:
    The 11th Japan / Korea International Symposium on Resources Recycling and Materials Science (Osaka, Japan, June 17 - June 19, 2013, Kansai University Centenary Memorial Hall), (第11回資源リサイクルと材料科学に関する日韓国際シンポジウム) (環境資源工会第130回例会とのジョイントシンポジウム, 場所: 関西大学100周年記念会館) (2013.6.18).
  450. '貴金属の採掘・製錬・リサイクルのあれこれ', [依頼講演]
    岡部 徹、野瀬 勝弘:
    [山本貴金属地金㈱高知第二山北工場, 高知] (2013.7.4).
  451. 'レアメタルの製錬・リサイクルの現状と将来', [基調講演]
    岡部 徹:
    「レアメタル戦略グリーンテクノロジー創出への学際的教育研究拠点の形成」プロジェクトキックオフシンポジウム, 日本および日本近海に眠る鉱物資源-レアメタル(海底鉱物資源)に関わる学際的人材育成の強化に向けて-), [高知新阪急ホテル, 高知] (2013.7.5).
  452. '無電解めっきと磁力選別を用いた白金族金属の新たな分離濃縮プロセスの開発',
    鈴江 晃也, 谷ノ内 勇樹, 岡部 徹:
    資源・素材学会 関東支部 第10回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会,
    [東京大学浅野キャンパス・武田先端知ビル, 東京] (2013.8.1).
    [ポスター発表]
  453. '反応媒体を利用したチタンの高速塩化プロセスに関する基礎的研究',
    濱中 優貴, 谷ノ内 勇樹, 岡部 徹:
    資源・素材学会 関東支部 第10回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会,
    [東京大学浅野キャンパス・武田先端知ビル, 東京] (2013.8.1).
    [ポスター発表]
  454. 'New Technologies for Recycling Rare Earth Elements',
    T. H. Okabe:
    The 7th International Conference on Rare Earth Development and Application, (Ganzhou, China, August 10 - 13, 2013), The Chinese Society of Rare Earths (CSRE), [Ganzhou, China] (2013.8.11).
    [Keynote Lecture]
  455. '反応媒体を利用したチタンの高速塩化リサイクル法の開発',
    濱中 優貴, 谷ノ内 勇樹, 岡部 徹:
    平成25年度資源・素材関係学協会合同秋季大会, (資源・素材2013(札幌)),
    (2013.9.3-5) [北海道大学高等教育推進機構, 札幌, 北海道] (2013.9.3).
    [若手ポスター発表PY-24, p.588].
    [ポスター発表]
    *** 資源・素材学会 若手ポスター賞 受賞 ***
  456. '高純度金属バナジウムおよびTi-V合金の新製造法の開発',
    岡部 徹:
    リマテック株式会社での講演(2013年9月13日(金))[大阪] (2013.5.16).
    [依頼講演].
  457. 'レアメタルの現状と課題~走るレアメタルなどを例として~',
    岡部 徹:
    リマテック株式会社での講演 [リマテック株式会社, 大阪] (2013.5.16).
    [依頼講演].
  458. '白金を塩酸で溶解する環境調和型の新リサイクル技術の開発',
    堀家 千代子、森田 一樹、岡部 徹:
    日本金属学会・秋期大会 [金沢大学, 金沢] (2013.9.17).
    *** 第36回日本金属学会技術開発賞受賞講演 ***
  459. 'ヨウ化物を利用する金属製錬やリサイクル',
    岡部 徹:
    第16回ヨウ素学会シンポジウム(ヨウ素学会) [千葉大学, 千葉] (2013.9.18).
    [基調講演]
  460. 'レアメタルの塩化反応に関する熱学的な考察',
    岡部 徹:
    第57回レアメタル研究会(平成25年9月20日(金)), [東京](東京大学生産技術研究所A棟(総合研究実験棟)コンベンションホール) (2013.9.20).
  461. 'Thermodynamic Consideration on Selective Chlorination and Its Application for Upgrading Titanium Ore',
    J. Kang and T. H. Okabe:
    The 9th TU-UT-SNU Student Workshop, (October 9-13, 2013)
    [Seoul National University, Seoul, Republic of Korea] (2013.10.11).
  462. '採掘や製錬に伴って生じる自然起源放射性物質(NORM)などを含む廃棄物について',
    岡部 徹:
    日本学術振興会素材プロセシング第69委員会, 第?分科会(環境技術) , [東京] (2013.11.18)].
  463. 'レアメタルの供給や需要に関する今後の展望',
    岡部 徹、野瀬 勝弘:
    素材工学研究懇談会シンポジウム(東北大学多元物質科学研究所主催), [東北大学多元物質科学研究所, 仙台] (2013.11.19) [研究会資料あり].
    [依頼講演]
  464. 'レアメタルの供給に関するボトルネック',
    岡部 徹:
    独立行政法人産業技術総合研究所地圏資源環境研究部門成果報告会平成25年度部門成果報告会, (秋葉原ダイビル)(テーマ:レアメタル資源の将来と日本の取るべき道), [秋葉原ダイビル, 東京] (2013.11.20) [研究会資料, pp.14-17].
    [招待講演]
  465. 'レアメタルの最近の動向と将来展望',
    岡部 徹:
    東京大学AGSセミナー, [東京大学, 東京] (2013.11.26) [依頼講演]
  466. 'レアメタルをはじめとするサステイナブル材料の課題と展望',
    岡部 徹:
    東北大学 サステナブル理工学研究センターシンポジウム (東北大学多元物質科学研究所主催), [東北大学多元物質科学研究所, 仙台] (2013.11.28) [研究会資料あり].
    [依頼講演]
  467. '研究と特許 ―本学における成功事例の紹介―',
    岡部 徹:
    東京大学特許講座, 東京大学生産技術研究所(An棟3階301,302室), [東京大学生産技術研究所(An棟3階301,302室), 東京] (2013.12.13) [研究会資料あり].
  468. '貴金属製錬の基礎概論とリサイクルの関係~金銀製錬、PGM製錬リサイクル事例', [依頼講義]
    岡部 徹:
    一般財団法人 国際資源大学校, 湿式製錬コースの講義,日程12/16(月)午前,田中貴金属湘南工場で講義), [田中貴金属湘南工場, 神奈川] (2013.12.16)
  469. '白金族金属の新規溶解プロセスの開発',
    野瀬 勝弘、岡部 徹:
    特別・合同シンポジウム(貴金属シンポ)貴金属の製錬・リサイクル技術の最前線(東京大学 生産技術研究所 非鉄金属資源循環工学寄付研究部門(JX金属寄付ユニット)、東京大学 生産技術研究所 サステイナブル材料国際研究センター、レアメタル研究会 による特別・合同シンポジウム(貴金属シンポ))(平成26年1月10日(金)), [東京大学生産技術研究所A棟(総合研究実験棟)コンベンションホール, 東京](東京大学生産技術研究所A棟(総合研究実験棟)コンベンションホール) (2014.1.10).
  470. 'Iron Removal from Titanium Ore through Selective Chlorination and Its Reaction Analysis',
    J. Kang and T. H. Okabe:
    5th International Symposium on High-Temperature Metallurgical Processing: Roasting,
    Reduction and Smelting, 2014 TMS Annual Meeting & Exhibition,
    [San Diego Convention Center, San Diego, CA, USA] (2014.2.17).
  471. 'Recovery of Rare Earth Metals in Used Magnets by Molten Magnesium',
    T. Akahori, Y. Miyamoto, T. Saeki, M. Okamoto, and T. H. Okabe:
    Magnesium Technology 2014,
    2014 TMS Annual Meeting & Exhibition,
    [San Diego Convention Center, San Diego, CA, USA] (2014.2.17).
  472. Upgrading Titanium Ore through Selective Chlorination Using Titanium Tetrachloride',
    J. Kang and T. H. Okabe:
    Materials Processing Fundamentals, 2014 TMS Annual Meeting & Exhibition,
    [San Diego Convention Center, San Diego, CA, USA] (2014.2.18).
  473. 'Fundamental Study on New Dissolution Process for Platinum Group Metals Using Molten Salt Electrolysis',
    K. Nose and T. H. Okabe:
    Materials Processing Fundamentals, 2014 TMS Annual Meeting & Exhibition,
    [San Diego Convention Center, San Diego, CA, USA] (2014.2.18).
  474. 'Environment-friendly Recycling Process for Rare Earth Metals in End-of-life Electric Products',
    T. Saeki, T. Akahori, Y. Miyamoto, M. Kyoi, M. Okamoto, Y. Hiroshige, T. Nemoto, T. H. Okabe:
    Rare Metal Extraction & Processing Symposium / Calcium and Rare Earth Metallurgy,
    2014 TMS Annual Meeting & Exhibition, [San Diego Convention Center, San Diego, CA, USA] (2014.2.18).
  475. 'New chlorination technique for recycling titanium metal scrap by using reaction mediator',
    Y. Hamanaka, Y. Taninouchi, and T. H. Okabe:
    Material Processing Fundamentals / Metal Extraction,
    2014 TMS Annual Meeting & Exhibition,
    [San Diego Convention Center, San Diego, CA, USA] (2013.2.18).
  476. Development of new process for recovering PGMs from autocatalyst scrap',
    A. Suzue, Y. Taninouchi, and T. H. Okabe:
    Recycling and Sustainability Update,
    2014 TMS Annual Meeting & Exhibition,
    [San Diego Convention Center, San Diego, CA, USA] (2014.2.20).
  477. 'Fundamental Study on Anodic Dissolution Proces of Platinum Group Metals in Molten Salt',
    K. Nose, T. H. Okabe:
    The 9th Workshop on Reactive Metal Processing, [Caltech, Pasadena, CA, USA] (2014.2.21). [Oral Presentation]
  478. 'Production of High-grade TiO2 Feed from Ti Ore through Selective Chlorination Using TiCl4',
    J. Kang and T. H. Okabe:
    The 9th Workshop on Reactive Metal Processing, [Caltech, Pasadena, CA, USA]
    (2014.2.21).
    [Poster Presentation, Short Oral Presentation]
  479. Recycling of Titanium Metal Scrap through Chlorination by Using Reaction Mediator',
    Y. Hamanaka, Y. Taninouchi, T. H. Okabe:
    The 9th Workshop on Reactive Metal Processing, [Caltech, Pasadena, CA, USA] (2014.2.21).
    [Poster Presentation, Short Oral Presentation]
  480. 'New Upgrade Process for Autocatalyst Scrap to Recover the Platinum Croup Metals',
    Y. Taninouchi, A. Suzue, T. H. Okabe:
    The 9th Workshop on Reactive Metal Processing, [Caltech, Pasadena, CA, USA] (2014.2.21).
    [Poster Presentation, Short Oral Presentation]
  481. 'レアメタルの資源供給制約とリサイクル',
    岡部 徹:
    第7回レアメタル資源再生技術研究会(平成26年3月5日(水)10:30~, 名古屋市工業研究所, 主 催: レアメタル資源再生技術研究会), [名古屋市工業研究所, 名古屋], (2014.3.5)
  482. 'Development of a New Ti Ore Upgrading Process Using TiCl4 for Production of High-grade TiO2'
    J. Kang and T. H. Okabe:
    7th KIFEE International Symposium on Environment, Energy, and Materials,
    [Doshisha University, Kyoto, Japan] (2014.3.18)
  483. 'レアメタル供給のボトルネックについて~中国南部、イオン吸着鉱の生産地域・レアアース製錬所等の訪問報告~',
    岡部 徹:
    第60回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2014.3.20)
  484. '貴金属の環境調和型リサイクル技術の開発'
    岡部 徹、野瀬 勝弘、谷ノ内勇樹:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2014.3.27).
  485. '溶融塩中の反応媒体を利用したチタンの塩化プロセスの開発'
    谷ノ内勇樹、濱中 優貴、岡部 徹:
    資源素材学会・春季大会 [東京] (2014.3.28).
  486. 'チタン材料の供給と循環使用',
    岡部 徹:
    日本学術会議 材料工学委員会材料の循環使用検討分科会 (場所: 日本学術会議 大会議室、時間: 14:20-15:20) [日本学術会議大会議室, 東京] (2014.4.24) [予稿集あり].
    [依頼講演]
  487. '自立した資源確保による持続型社会を実現するための研究'
    岡部 徹:
    東京大学生産技術研究所2014年第三者評価委員会 (場所: 生産技術研究所C棟ラウンジ、時間: 13:20-14:35) [生産技術研究所C棟ラウンジ, 東京] (2014.5.29).
  488. 'チタンの現状と将来',
    岡部 徹, 姜 正信:
    石原産業株式会社 四日市工場にて講演、
    (2014年6月13日(金)) [石原産業株式会社 四日市工場, 四日市] (2014.6.13).
    [依頼講演]
  489. 'チタン鉱石からの脱鉄法の現状と新アップグレード',
    姜 正信, 岡部 徹:
    石原産業株式会社 四日市工場にて講演、
    (2014年6月13日(金)) [石原産業株式会社 四日市工場, 四日市] (2014.6.13).
    [依頼講演]
  490. 'レアメタル特論',
    岡部 徹:
    神戸大学大学院工学研究科、特別講義, (2014年6月18日(水)非常勤講師として講義の一部として学生・教員向けに特別講演を行った) [神戸大学, 神戸市] (2014.6.18).
    [特別講義][依頼講演]
  491. 'レアメタル概論', 岡部 徹:
    富士見中学高校にて模擬講義, (2014年6月21日(土) 富士見高等学校 学部学問内容紹介・模擬授業ウィークの一環として学生向けに模擬講演を行った) [富士見高等学校, 東京] (2014.6.21).
    [模擬講義][依頼講義]
  492. 'チタン材料の供給と循環使用',
    岡部 徹:
    第61回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2014.7.4).
  493. 'Current Status of Technologies for Recycling Rare Earth Metals',
    T. H. Okabe:
    The First International Symposium on Development of Rare Earths - Advances in Mining, Separation, Extraction and Application, Baotou, China, July 15-19, 2014
    (Place: Conference Room, Floor 3, Wanhao Hotel, Session II: Challenge and  Development of the Rare Earth Industry II, July 16, 2014 (Wednesday), 11:25-11:50),
    [Baotou, China] (2014.7.16).
    [Invited Lecture]
  494. ‘反応媒体塩を利用したチタンの環境調和型リサイクル技術の開発’ ‘Development of Environmentally Sound Titanium Recycling Technology by Utilizing a Reaction Mediator Salt’
    ○濱中 優貴, 谷ノ内 勇樹, 岡部 徹
    資源・素材学会 関東支部 第11回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会,
    [早稲田大学63号館2F会議室・情報ギャラリー, 東京] (2014.7.28).
    [ポスター発表]
  495. 'グリーンアジアのためのレアメタル確保戦略',
    岡部 徹:
    資源素材学会・秋季大会 [熊本大学工学部2号館, 熊本] (2014年9月15日(月)- 2014年9月19日(金), 場所: 熊本大学工学部2号館,工学部百周年記念館, グリーンアジアのためのエネルギーおよび資源確保の戦略(企画テーマ))
     (2014.9.15).[予稿集あり].
    [依頼講演]
  496. '四塩化チタンを用いた選択塩化法によるチタン鉱石のアップグレード',
    姜 正信, 岡部 徹:
    資源素材学会・秋季大会 [熊本大学工学部2号館, 熊本] (2014年9月15日(月)- 2014年9月19日(金), 場所: 熊本大学工学部2号館,工学部百周年記念館, グリーンアジアのためのエネルギーおよび資源確保の戦略(企画テーマ))
    (2014.9.15).[ 資源・素材講演集 Vol.1 (2014) No. 2 (秋・熊本), A1-14].
    [ポスター発表]
  497. 'ヨード法を使ったチタン等の特殊金属製錬',
    岡部 徹:
    第62回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2014.9.19).
  498. 'Study on recovery process for ruthenium from scraps by hydrometallurgical methods',
    K. Nose, S. A. Sunkar, Y. Nakamura, and T. H. Okabe:
    Bill Davenport Honorary Symposium, Held in conjunction with COM 2014, Conference of Metallurgist, (Metallurgy and Materials Society of CIM (Canadian Institute of Mining, Metallurgy and Petroleum), Sept. 27 to Oct. 1, 2014, Hyatt Regency Vancouver Hotel) [Vancouver, Canada] (2014.10.1).
  499. 'Upgrade of autocatalyst scrap for recycling platinum group metals',
    Y. Taninouchi, A. Suzue, and T. H. Okabe:
    Bill Davenport Honorary Symposium, Held in conjunction with COM 2014, Conference of Metallurgist, (Metallurgy and Materials Society of CIM (Canadian Institute of Mining, Metallurgy and Petroleum), Sept. 27 to Oct. 1, 2014, Hyatt Regency Vancouver Hotel) [Vancouver, Canada] (2014.10.1).
  500. 'Current Status onResource and Recycling Technology for Rare Earths',
    T. H. Okabe:
    Research Presentation at the College of Engineering, University of Saskatchewan, Saskatchewan, Canada, October 3, 2014 (Place: Room 2B53, Enginnering Builidng, 3:00 pm, Host: Prof. Kipouros (Dean of Engineering)) [Saskatoon, Canada] (2014.10.3).
    [Invited Lecture]
  501. 'Current Status of Non-ferrous Industries in Chile, and Contribution to/from Japan',
    T. H. Okabe:
    Chile-Japan Academic Forum at UTokyo, Plenary and Closing Ceremony, Thursday October 9, 2014, 5:00pm-5:40pm, Yayoi Auditorium, Hongo Campus, The University of Tokyo, [The University of Tokyo, Tokyo] (2014.10.9).
    [Plenary Lecture]
  502. 'Current Status on Resource and Recycling Technology for Rare Earths',
    T. H. Okabe:
    TU-SNU-UT-workshop, Oct. 16 (Thu) 10:00 ~ 10:35, IIS, The University of Tokyo, Tokyo, [IIS, The University of Tokyo, Tokyo] (2014.10.16).
    [Keynote Lecture]
  503. 'レアメタルを中心とする資源の採掘・製錬・環境問題',
    岡部 徹:
    第66回白石記念講座, 主催:(一社)日本鉄鋼協会 (「枯渇する金属資源に「今」我々ができること・すべきこと~金属資源確保と材料設計の元素戦略~」,2014年10月24日(金)8:40~17:00, 場所: 早稲田大学 西早稲田キャンパス 63号館2階, 大会議室, 10:40~11:40) [早稲田大学 西早稲田キャンパス, 東京] (2014.10.24) [予稿集あり].
    [依頼講演]
  504. '超合金の夢 ~レアメタルを核にしたデザインの可能性~',
    岡部 徹, 山中 俊治:
    東京大学生産技術研究所 S棟1F ギャラリーでのトークセッション
    (Research Portrait 01チタン/3Dプリンティング (Titanium / 3D printing マテリアルの原石), 2014年10月23日(木)- 11月2日(日), 11:00 - 19:00, 東京大学生産技術研究所S棟1階ギャラリー, 主催: 東京大学山中研究室, 岡部研究室, 新野研究室), 時間: 17:00-18:30  [東京大学生産技術研究所S棟1階ギャラリー, 東京] (2014.10.31).
    [Talk Session]
  505. “Developments of novel recycling process for scraps of titanium metal”
    Yuki Hamanaka, Yu-ki Taninouchi, and Toru H. Okabe
    The 6th International Workshop on Industrial Technology of Rare Metals, (December 9-11, 2014), [Lotte Hotel Jeju, Jeju, Korea] (2014.12.10).
    [Oral presentation]
  506. 'レアメタルあれこれ',
    岡部 徹:
    日本政策投資銀行, ランチミーティング, [日本政策投資銀行, 東京] (2014.12.24).
    [依頼講演]
  507. '自動車触媒中の白金族金属に関する物理濃縮技術の開発',
    谷ノ内 勇樹, 鈴江 晃也, 岡部 徹:
    特別・合同シンポジウム(第2回貴金属シンポ) 
    貴金属の製錬・リサイクル技術の最前線
    (兼 第64回レアメタル研究会),
    [東京大学生産技術研究所An棟コンベンションホール, 東京] (2015.1.9).
    [ポスター発表、ショートプレゼンテーション]
  508. 'レアメタルについての最近の話題',
    岡部 徹:
    JX金属敦賀リサイクル株式会社, 技術講演, [敦賀, 福井] (2015.1.23).
    [依頼講演]
  509. '塩化反応を利用するレアメタルの製錬・リサイクル',
    岡部 徹:
    日本学術振興会素材プロセシング第69委員会, 第4分科会(産学官連携促進) [第11回], [千葉工業大学 津田沼キャンパス、 千葉] (2015.1.28).
    [依頼講演]
  510. '触媒リサイクルの効率化に向けた白金族金属の物理濃縮技術の開発',
    谷ノ内 勇樹, 岡部 徹:
    環境資源工学会シンポジウム「リサイクル設計と分離精製技術」
    第30回「環境保全・資源循環に関する最新技術開発」
    [新橋住友ビル大会議室, 東京] (2015.2.20).
    [依頼講演]
  511. 'レアアースの資源・製錬の現状と将来展望 ~中国・内モンゴル地地区の鉱山・製錬所・廃棄物処分場などの視察報告~', 岡部 徹:
    第65回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2015.3.13).
  512. 'Upgrading titania slag through selective chlorination method using titanium tetrachloride',
    Jungshin Kang, and T. H. Okabe:
    6th International Symposium on High-Temperature Metallurgical Processing, 2015 TMS Annual Meeting & Exhibition, [March 15-19, 2015, Orlando, Florida, USA] (2015.3.19).
  513. 'Fundamental study on new recycling technology for Ti metal scraps'
    Yu-ki Taninouchi,Yuki Hamanaka, and Toru H. Okabe
    The 10th Workshop on Reactive Metal Processing (RMW10),
    [March 20-21, 2015, Massachusetts Institute of Technology (MIT), Cambridge, MA, USA] (2015.3.20).
    [Oral presentation]
  514. ‘Development of new technique for concentrating and separating platinum group metals’
    Tetsuo Watanabe, Yu-ki Taninouchi, and Toru H. Okabe
    The 10th Workshop on Reactive Metal Processing (RMW10),
    [March 20-21, 2015, Massachusetts Institute of Technology (MIT), Cambridge, MA, USA] (2015.3.20).
    [Poster presentation, Short oral presentation]
  515. ‘Recycling technologies for low-grade titanium scraps utilizing molten-salt-based reactions’
    Yuki Hamanaka, Yu-ki Taninouchi, and Toru H. Okabe
    The 10th Workshop on Reactive Metal Processing (RMW10),
    [March 20-21, 2015, Massachusetts Institute of Technology (MIT), Cambridge, MA, USA] (2015.3.20).
    [Poster presentation, Short oral presentation]
  516. ‘Development of new recovery process for rhenium from nickel-based superalloy scraps’
    Ryohei Yagi and Toru H. Okabe
    The 10th Workshop on Reactive Metal Processing (RMW10),
    [March 20-21, 2015, Massachusetts Institute of Technology (MIT), Cambridge, MA, USA] (2015.3.20).
    [Poster presentation, Short oral presentation]
  517. 'グリーンイノベーションに不可欠なレアメタルの製錬・リサイクル技術の開発',
    岡部 徹:
    東北大学 レアメタル・グリーンイノベーション研究開発センター開所式(Research Center for Rare Metal and Green Innovation : RaMGI) ~安定的なマテリアルフローの実現とサプライチェーンの確立を目指して~(平成27年3月23日(月)14:00~17:15, 会場: 東北大学工学研究科中央棟2階 大会議室) [東北大学工学研究科中央棟2階 大会議室, 仙台] (2015.3.23).
    [依頼講演]
  518. ‘触媒スクラップ中の白金族金属に関する物理濃縮技術の開発’
    ‘Development of physical concentration technique for platinum group metals in spent catalyst’
    谷ノ内 勇樹, 鈴江 晃也, 渡邉 徹郎,岡部 徹
    一般社団法人資源・素材学会 平成27年度春季大会, (2015.3.27-29)
    [千葉工業大学, 津田沼キャンパス, 千葉] (2014.3.28).
    [資源・素材講演集, vol.2 (2015), No.1 (春・千葉)][口頭発表]
  519. 'Future Materials: Titanium and Rare Metals -Dream of Innovation for Materials Processing -',
    T. H. Okabe:
    Seminar at 2015-spring Materials Colloquium class, Department of Materials Science and Engineering, Seoul National University, Korea (hosted by Professor Kwang Seon Shin), April 10, 4 pm to 5 pm, Building #43-1, Room #201 in SNU Gwanak campus, (2015.4.10)
    [Invited lecutre]
  520. 'レアアースをはじめとするレアメタルの光と影 ~ 一般には常識と思われているデマや誤解を解説 ~',
    岡部 徹: 日本ビジネス協会セミナー, 2015年4月20日(月) 19:00~,JBCビジネスラウンジ会議室, (2015.4.20)
    [依頼講演]
  521. '都市鉱山からの希土類金属の一貫リサイクル技術・装置の開発',
    岡本 正英, 岡部 徹, 根本 武, 佐伯 智則, 宮本 雄, 赤堀友彦:
    第32回希土類討論会, [主催: 日本希土類学会, 平成27年5月21日-22日, かごしま県民交流センター, 〒892-0816 鹿児島市山下町14-50], (2015.5.21)
    [受賞講演]
    ***日本希土類学会技術賞(藤森賞) 受賞講演***
  522. '夢の材料チタンを未来のコモンメタルに',
    岡部 徹:
    日本チタン協会平成27年度通常総会・記念講演会, [東京] (2015.5.29) [講演資料あり].
    [依頼講演]
  523. '奇跡の物質-レアメタル (Miracle Material – Rare Metal) ',
    岡部 徹:
    東京大学, 俯瞰講義 [東京] [2015年度Sセメスター学術俯瞰講義, 宇宙・物質・社会 ― 物質の成り立ちから応用まで ―, 火曜日 2時限 (10:25-12:10), コーディネータ 家 泰弘(物性研究所), ナビゲータ 福島 孝治(教養学部)], (2014.7.14).
    [講義](映像記録)
  524. 'レアアースをはじめとするレアメタルの光と影 ~ 一般には常識と思われているデマや誤解を解説 ~',
    岡部 徹:
    公益社団法人 新化学技術推進協会 資源代替材料分科会, [東京] (2015.7.16).
    [依頼講演] (映像配信) (7月16 日(木)14:00~18:00)
  525. 'レアアースをはじめとするレアメタルに関する最近の話題',
    岡部 徹:
    第66回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2015.7.17).
  526. 'レアアースをはじめとするレアメタルに関する光と影',
    岡部 徹:
    時代を刷新する会、講演会, [参議院議員会館 地下1階B108会議室] (平成27年7月22日(水) 時代を刷新する会, 委員長:坂本忠彦元建設省土木研究所長,) (2015.7.22)
    [依頼講演]
  527. '貴金属の製錬・リサイクルの最近の話題',
    岡部 徹:
    田中貴金属工業, [TANAKAホールディングス株式会社 会議室] (平成27年7月22日(水)) (2015.7.22)
    [依頼講演]
  528. 'ニッケル基超合金スクラップからのニッケルの分離・回収',
    八木 良平, 岡部 徹:
    資源・素材学会 関東支部 第12回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会,
    [東京大学 本郷キャンパス, 東京] (2015.7.30).
    [ポスター発表]
    *** 資源・素材学会 関東支部 優秀ポスター賞 受賞 ***
  529. 'Novel Titanium Ore Upgrading Process Free from Waste Discharge',
    Jungshin Kang and Toru H. Okabe:
    Ti-2015: The 13th World Conference on Titanium, [Extraction and Powder Production, August 16-20, 2015, Manchester Grand Hyatt, San Diego, California, USA], (2015.8.17)
  530. 'Titanium recycling process based on a chlorination reaction utilizing chloride waste ',
    Yu-ki Taninouchi, Yuki Hamanaka, and Toru H. Okabe:
     Ti-2015: The 13th World Conference on Titanium, [Extraction and Powder Production, August 16-20, 2015, Manchester Grand Hyatt, San Diego, California, USA], (2015.8.18)
  531. 'ニッケル基超合金スクラップからレニウムをリサイクル新技術の開発',
    八木 良平, 岡部 徹:
    平成27年度資源・素材関係学協会合同秋季大会, (資源・素材2015(松山)),
    (2015.9.8-10) [愛媛大学 城北キャンパス, 松本, 愛媛] (2015.9.8).
    [若手ポスター発表PY-37].
    [ポスター発表]
    *** 資源・素材学会 若手ポスター賞 受賞 ***
  532. '化学ポテンシャル図を利用したレアメタルのリサイクルプロセス開発',
    谷ノ内 勇樹:
    平成27年度資源・素材関係学協会合同秋季大会, (資源・素材2015(松山)),
    (2015.9.8-10) [愛媛大学 城北キャンパス, 松本, 愛媛] (2015.9.9).
    [企画講演]
  533. '走るレアメタル、働くレアメタルについて,
    岡部 徹:
    第67回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2015.9.18).
  534. 'Development of New Recovery Process for Rhenium from Nickel-based Superalloy Scraps',
    Ryohei Yagi and T. H. Okabe:
    The 8th KIFEE Symposium on Environment, Energy, Materials and Education, [Trondheim, Norway] (2015.9.20-24).
    [Oral Presentation]
  535. 'Current Status on Resource and Recycling Technologies for Rare Earth',
    Toru H. Okabe:
    Critical Metal Symposium in Sendai, Tohoku Industrial Innovation based on Critical Materials Technology for the Reconstruction, [Date 28,29th , October 2015, Sendai City, Sakura Hall, Katahira Campus, Tohoku University],
    Organizers: Tohoku Innovative Materials Technology Initiatives for the Reconstruction (TIMT), High Efficiency Rare Elements Extraction Technology Area, and Research Center for Sustainable Science and Engineering, Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University, Sendai, (2015.10.28)
    [Plenary lecture]
  536. 'Current status on resource and recycling technologies for rare earth for a sustainable society ',
    Toru H. Okabe:
    Annual Meeting of World Forum of Universities of Resources on Sustainability(WFURS2015), Mining and Sustainability: Resource Development for Environmental Protection (Japan Society for the Promotion of Science, Bilateral Joint Seminar FY2015) [60th Anniversary Auditorium, Akita University,Tuesday - 2015, September 15th, 10:20-10:50], Akita, Japan (2015.9.15).
    [Invited lecture]
  537. '走るレアメタル、働くレアメタルについて,
    岡部 徹:
    第67回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2015.9.18).
  538. 'Development of New Recovery Process for Rhenium from Nickel-based Superalloy Scraps',
    Ryohei Yagi and T. H. Okabe:
    The 8th KIFEE Symposium on Environment, Energy, Materials and Education, [Trondheim, Norway] (2015.9.20-24).
    [Oral Presentation]
  539. 'Current Status on Resource and Recycling Technologies for Rare Earth',
    Toru H. Okabe:
    Critical Metal Symposium in Sendai, Tohoku Industrial Innovation based on Critical Materials Technology for the Reconstruction, [Date 28,29th , October 2015, Sendai City, Sakura Hall, Katahira Campus, Tohoku University],
    Organizers: Tohoku Innovative Materials Technology Initiatives for the Reconstruction (TIMT), High Efficiency Rare Elements Extraction Technology Area, and Research Center for Sustainable Science and Engineering, Institute of Multidisciplinary Research for Advanced Materials, Tohoku University, Sendai, (2015.10.28).
    [Plenary lecture]
  540. 'チタンのリサイクルの現状と課題',
    岡部 徹:
    第68回レアメタル研究会, [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2015.11.27).
  541. '鉱物資源の現状と課題',
    岡部 徹:
    平成27年在外公館戦略会議, 外務省, (在外公館から12公館(中国,マレーシア,豪州,PNG,イラン,イスラエル,カザフスタン,ロシア,米国,ブラジル,モザンビーク,南ア),経済産業省,財務省,JICA,JBIC等から出席) (外務省, 東京, 11:05~11:45) [東京] (2015.12.7).
    [依頼講演]
  542. 'レアアースをはじめとするレアメタルの光と影 ~ 一般には常識と思われているデマや誤解を解説 ~',
    岡部 徹:
    桐陰同窓会桐華倶楽部, (銀行倶楽, 19:00~20:00, 幹事: 79回矢崎様) [東京] (2015.12.10).
    [依頼講演]
  543. 'レアアースをはじめとするレアメタルの光と影 ~一般には常識と思われているデマや誤解を解説~',
    岡部 徹:
    第2回SPERC 金属リサイクル講演会, 岩手大学ソフトパス工学総合研究センター(SPERC)主催, (協賛: プロジェクト 金属生産工学の教育・研究の強化), [岩手大学, 盛岡, 15:00~15:00] (2015.12.11).
    [依頼講演]
  544. 'レアメタルの低エネルギー・環境調和型分離技術の課題と将来展望',
    岡部 徹:
    科学技術未来戦略ワークショップ「分離工学イノベーション」, 主催: 国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター(JST-CRDS) ナノテクノロジー・材料ユニット, (2015年12月23日(水)10:00-18:00, 会場:国立研究開発法人科学技術振興機構 東京本部別館2 階セミナー室, ワークショップオーガナイザー: 曽根純一 科学技術振興機構研究開発戦略センター ナノテクノロジー・材料ユニット 上席フェロー) (2015.12.23).
    [依頼講演]
  545. '無電解鉄めっきを利用した白金族金属の物理濃縮と高速酸溶解',
    谷ノ内 勇樹, 渡邉 徹郎, 岡部 徹:
    第3回貴金属シンポジウム(第69回レアメタル研究会), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2016.1.8).
    [ポスター発表、ショートプレゼンテーション]
  546. 'レアメタルの光と影~一般には常識と思われているデマや誤解を解説~',
    岡部 徹:
    日本粉体工業技術協会 技術情報交流懇話会火曜会, [東京ガーデンパレス 2階 高千穂, 東京, 18:20~19:10, 幹事: 株式会社セイシン企業 管理部 吉岡 郁典 氏] (2016.1.19).
    [依頼講演]
  547. '働く人の話を聞く会 ~研究と教育と地域貢献~',
    岡部 徹:
    働く人の話を聞く会, 武蔵野市立第三中学校, (平成28年1月29日(金)14:35-15:25,武蔵野市立第三中学校 多目的室, 1年生徒 115名), (2016.1.29).
    [講義][依頼講演]
  548. 'Alloying treatment for platinum by using FeCl2 vapor '
    Yu-ki Taninouchi and Toru H. Okabe:
    The 11th Workshop on Reactive Metal Processing (RMW11),
    [Massachusetts Institute of Technology (MIT), Cambridge, Massachusetts, MA, USA] (2016.2.19).
    [Poster presentation, Short oral presentation]
  549. 'Nickel and rhenium separation from nickel-based superalloy scraps using zinc circulation'
    Ryohei Yagi and Toru H. Okabe:
    The 11th Workshop on Reactive Metal Processing (RMW11),
    [Massachusetts Institute of Technology (MIT), Cambridge, Massachusetts, MA, USA] (2016.2.19).
    [Poster presentation, Short oral presentation]
  550. 'Development of new technologies for high-speed production of copper',
    Kanta Iwaya and Toru H. Okabe:
    The 11th Workshop on Reactive Metal Processing (RMW11),
    [Massachusetts Institute of Technology (MIT), Cambridge, Massachusetts, MA, USA] (2016.2.19).
    [Poster presentation, Short oral presentation]
  551. '未来のコモンメタルチタンとアート',
    岡部 徹:
    日本チタン協会平成28年冬季賛助会員総会・研修会・交流会, 13:30~19:30, 学士会館, [東京] (2016.2.25).
    [依頼講演]
  552. 'チタン製錬',
    岡部 徹:
    「金属製錬・リサイクル講座」岩手大にて特別講義 (3月5日 (土), 9:00~12:00, 休憩15分程度含む, 工学部2号館, 岩手大学工学部マテリアル工学科 山口勉功研究室), [盛岡] (2016.3. 5). 
    [依頼講義]
  553. 'レアメタルに関する最近の話題',
    岡部 徹:
    第70回 レアメタル研究会 (2016年(平成28年) 3月11日(金)), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2016.3.11).
  554. 'レアメタルの研究と特別研究会について~産学官(+メディア)連携の新たな試み~',
    岡部 徹:
    一般財団法人生産技術研究奨励会 理事会・諮問委員会にて講演(3月24日(木) 14:10 ~14:30 講演,14:30 ~ 質疑応答・懇談, 会場: 中セミナー室1, 依頼演題:「東大生研におけるレアメタル研究会の活動」) (2016.3.24).
    [依頼講演]
  555. '奇跡の物質-レアメタル (Miracle Material - Rare Metal)',
    岡部 徹:
    香川県立観音寺第一高等学校、広島県立尾道北高校、岡山県立倉敷青陵高校、岡山県立岡山芳泉高校、愛媛県立今治西高校, 第2学年、約80人を対象に特別講義(10:00~12:00), [東京大学生産技術研究所第一会議室, 東京], (2016.3.25).
    [講義]
  556. '貴金属の製錬・リサイクルの最近の話題',
    岡部 徹:
    松田産業株式会社, [4月21日(木), 松田産業株式会社 会議室] (2016.4.21).
    [依頼講演]
  557. ' Direct Oxygen Removal Technique for Recycling Titanium Using Molten MgCl2 Salt',
    Toru H. Okabe, Yuki Hamanaka, and Yu-ki Taninouchi:
    Faraday Discussion, Liquid Salt for Energy and Materials, Wednesday 11, May – Friday 13, May, (International Conference Centre (ICC) (Item 35) University of Nottingham Ningbo, China, 199 Taikang East Road, Ningbo, 315100, Zhejiang Province, China, Session 1: Benefits to Energy Efficiency and Environmental Impact, Session Chair: Xianbo Jin, Lecture 15:45), (2016.5.11).
    [Invited, Headline lecture]
  558. 'On the recent titanium smelting processes',
    Toru H. Okabe:
    RTIT Technology Centre, Sorel-Tracy, Rio Tinto Iron & Titanium,Technical lecture and discussion, (Dr. Dimitrios Filippou (RTIT), 1625, route Marie-Victorin, Sorel-Tracy QC, Canada J3R 1M6) (2016.5.20).
    [Invited lecture]
  559. 'Recycling Titanium and Its Alloys by Utilizing Molten Salt ',
    Toru H. Okabe, and Yu-ki Taninouchi:
    The Tenth International Conference on Molten Slags, Fluxes and Salts (Molten16) , Seattle, Washington on May 22-25, 2016. (Session: Production using Molten Salts 1,Tuesday 2:00-2:25 PM, Room D), (2016.5.24).
    [Invited lecture]
  560. 'レアメタルの新製錬・新リサイクル技術の発明と開発',
    岡部 徹:
    公益財団法人 本多記念会, 第12回本多フロンティア賞 受賞講演, (学士会館)[東京] (2016.5.27) 
    [受賞講演]
  561. '走るレアメタル、働くレアメタル、エネルギーを作るレアメタル',
    岡部 徹:
    東証ペンクラブ, [東京大学生産技術研究所S棟ホール, 東京] (2016.6.2).
    [依頼講演]
  562. '走るレアメタル、働くレアメタル、エネルギーを作るレアメタル',
    岡部 徹:
    駒場リサーチキャンパス公開 2016 講演会, (2016年(平成28年)6月3日(金)), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2016.6.3).
    [依頼講演]
    (「生産研究」vol. ???, 2016.??.??発行に、講演内容を掲載)
  563. '進路を考えるにあたって',
    岡部 徹:
    進路説明会, 筑波大学附属高等学校, (平成28年7月2日(土)12:30-13:10, 筑波大学附属高等学校 桐蔭会館講堂, 第2学年(126回生)全員対象, (2015.7.2).[講義]
    [依頼講演]
  564. 'S1 理学・工学系 進路相談',
    吉江 尚子、岡部 徹:
    進路説明会, 筑波大学附属高等学校, (平成28年7月2日(土)13:30-15:30, 筑波大学附属高等学校 教室, 第2学年(126回生)希望者71人対象, (2015.7.2).
  565. Recycling Titanium Metal Scraps Utilizing a Molten-salt-based Technique”
    Yu-ki Taninouchi and Toru H. Okabe:
    5th International Round Table on Titanium Production in Molten Salts (Ti-RT2016),
    Lake Toya Culture Center, Hokkaido, Japan, [July, 10th-14th, 2016], (2016.7.13).
    [Oral presentation]
  566. 'レアメタルに関する最近の話題',
    岡部 徹:
    第71回 レアメタル研究会 (2016年(平成28年) 7月15日(金)), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2016. 7.15).
  567. 'レアメタルの光と影 ~一般には常識と思われているデマや誤解を解説~',
    岡部 徹:
    経済産業省製造産業局金属課からの依頼講演, [17:30~, 経済産業省, 東京] (2016.8.19).
    [依頼講演]
  568. 'Surface Treatment of TiAl Using Halide Flux ',
    Daisuke Matsuwaka, Fumiaki Kudo, Tetsushi Deura, Yu-ki Taninouchi, and Toru H. Okabe:
    The 5th International Workshop on Titanium Aluminides, Tokyo,
    [Tokyo Institute of Technology (Tokyo Tech), 28th Aug. – 2nd Spt., Tokyo] (2016.9.1).
  569. '今、クリティカルなレアメタルは何か?',
    岡部 徹:
    第72回 レアメタル研究会 (2016年(平成28年) 9月16日(金)), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2016. 9.16).
  570. 'レアメタルの製錬・リサイクル技術の開発とその意義の啓蒙',
    岡部 徹:
    公益財団法人 服部報公会, 第86回 報公賞受賞講演, (日本工業倶楽部)[東京] (2016.10. 7) 
    [受賞講演]
  571. 'レアメタルの不思議!実感してみよう! ',
    岡部 徹:
    公益社団法人武蔵野法人会による「2016「青少年のための科学の祭典」東京大会in小金井」へのレアメタル出展・講義(10月9日(日)11:00~), [東京] (2016.10. 9). 
    [依頼講義, 出張授業]
  572. 'レアメタルの不思議!実感してみよう!',
    岡部 徹:
    公益社団法人武蔵野法人会による「2016「青少年のための科学の祭典」東京大会in小金井」へのレアメタル出展・講義(10月9日(日)14:00~), [東京] (2016.10. 9). 
    [依頼講義, 出張授業]
  573. 'レアメタルのリサイクルの現状と今後の動向',
    岡部 徹:
    技術士CPD中央講座 (H28年10月度 第136回), (主催: 公益社団法人 日本技術士会 PD支援委員会,10月22日(土) 13 ~17時, 械振興会館ホール, 東京) [東京] (2016.10.22). 
    [依頼講演]
  574. 'スクラップからのレアメタルのリサイクル -都市鉱山開発の光と影-',
    岡部 徹:
    日本化学会秋季事業 -第6回CSJ化学フェスタ2016-, [CSJ化学フェスタ: 2016年11月14日(月)~16日(水), タワーホール船堀, セッション名: 進む国産資源開発, 14:00-14:50] (2016. 11.16).
    [依頼講演]
  575. 'レアメタルの最近の状況と話題',
    岡部 徹:
    [JFE福山スチール研究所, 広島] (2016.11.18).
    [依頼講演]
  576. 'チタンの還元やリサイクルプロセスに関する最近の話題 ~マグネシウムを用いるチタンの還元と脱酸~',
    岡部 徹:
    第73回 レアメタル研究会 (2016年(平成28年) 11月22日(火)), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2016.11.22).
  577. 'Removal of iron from Ti ore through selective chlorination using TiCl4 under low or high oxygen chemical potential',
    Jungshin Kang and Toru H. Okabe:
    第73回 レアメタル研究会 (2016年(平成28年) 11月22日(火)), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2016.11.22).
    [ポスター発表]
  578. 'Selective removal of iron from low-grade Ti ore by reacting with calcium chloride',
    Jungshin Kang and Toru H. Okabe:
    第73回 レアメタル研究会 (2016年(平成28年) 11月22日(火)), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2016.11.22).
    [ポスター発表]
  579. 'チタンスクラップの高効率リサイクルプロセスの実現に向けた挑戦:(1) MgCl2溶融塩中での電気化学的脱酸',
    谷ノ内 勇樹, 濱中 優貴, 岡部 徹:
    第73回 レアメタル研究会 (2016年(平成28年) 11月22日(火)), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2016.11.22).
    [ポスター発表]
  580. 'チタンスクラップの高効率リサイクルプロセスの実現に向けた挑戦:(2) 反応媒体塩を利用した塩化揮発',
    谷ノ内 勇樹, 濱中 優貴, 岡部 徹:
    第73回 レアメタル研究会 (2016年(平成28年) 11月22日(火)), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2016.11.22).
    [ポスター発表]
  581. 'Strategies for a New Industrial Age: Substitution, Recycling and a Circular Economy',
    Toru H. Okabe:
    Securing Critical Resources in a New Green and Industrial Era, Market perspectives from Japan and the United States, (Stanford University, November 30 – December 1, 2016, Sasakawa USA and Shorenstein Asia-Pacific Center, Stanford.) [Stanford University Shorenstein Asia-Pacific Center, 616 Serra St E301, Palo Alto, CA], (Topics of the talk: What are the challenges to recycle and reuse material?, Is recycling high-tech products useful now and in the future or is it just public relations?, How can changes in processing techniques unlock new value or increase rare metal supplies? (Moderator: Martin Steurmer, David Abraham))
    [Stanford, CA, USA] (2016.11.30).
    [Invited talk]
  582. 'On the environmental issues on rare metals, and importance of recycling',
    Toru H. Okabe:
    Lecture at Apple Inc., [Cupertino, CA, USA] (2016.12.2).
    [Invited lecture]
  583. 'レアメタルの現状と誤解',
    岡部 徹:
    新化学技術推進協会(JACI)高選択性反応分科会 講演会 (12月7日(水)午後, JACI内会議室(東京都千代田区三番町2番地 三番町KSビル2)) [東京] (2016.12.7). 
    [依頼講演]
  584. '日本の資源そしてSLiT-Jへの期待',
    岡部 徹:
    東北大学金属材料研究所共同利用ワークショップ「3GeV 高輝度放射光SLiT-J と産学協創」, (平成28年12月13日( 火), 14日( 水), 東北大学 片平さくらホール (13 日),東北大学 金属材料研究所講堂(14 日)), [12月14日(水) 第三部 SliT-J が解決する環境・資源・エネルギー問題]
    [仙台] (2016.12.14). 
    [依頼講演]
  585. 'レアメタル総論(1)~レアメタルの基礎から一般には常識と思われているデマや誤解を解説~'
    岡部 徹:
    長瀬産業株式会社にて講演 (9:30~本社ビルにて), [東京] (2016.12.27). 
    [依頼講演]
  586. '塩化鉄蒸気との反応を利用した白金族金属の鉄合金化',
    谷ノ内 勇樹, 岡部 徹:
    第4回貴金属シンポジウム(第74回レアメタル研究会), [東京大学生産技術研究所A棟コンベンションホール, 東京] (2017.1.6).
    [ポスター発表、ショートプレゼンテーション]